주요 기사 바로가기

韓国、世界105番目のワクチン接種国に…OECDで最も遅く開始

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.27 09:07
0
26日午前、韓国も新型コロナワクチン接種の大長征を始めた。昨年1月20日に最初の感染者が出て403日目だ。世界では105番目にワクチン接種国リストの名を連ねた。経済協力開発機構(OECD) 37カ国の中でスタートが最も遅い。

国際統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、24日(現地時間)基準で世界で接種されたワクチンは約2億2500万回分。接種率ではイスラエルが全体人口の53.1%が1回以上接種し、最も進んでいる。続いてセーシェル(48%)、アラブ首長国連邦(UAE、35.2%)などの順だ。イスラエルは2回目の接種まで終えた人口の比率も37.1%で最も高い。

米国のワクチン接種率は13.5%だが、ワクチンを接種した人の数は世界で最も多い。米国で1回以上の接種者数は6646万人、2回目の接種まで終えた人は2061万人。米国に次いでワクチン接種者数が多い国は英国(1891万人)、インド(1237万人)などだ。

米国は先月20日のバイデン大統領の就任後、接種ペースが速くなっている。就任後100日以内の1億回接種を公言したが、37日目の25日(現地時間)に5000万回を超え、目標を超過達成した。接種を始めた昨年12月14日からバイデン大統領が就任した先月20日までのワクチン接種者数は約1600万人だった。接種開始が早かった国はワクチン接種目標の「集団免疫」にも先に到達するとみられる。

英経済分析機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は21日、報告書「新型コロナワクチン:遅延予想」報告書で、「世界60-70%の国で広範囲な接種が終わってこそ集団免疫効果が表れ始める」とし、その時期を2022年中盤と予測した。

また最初にワクチン接種を完了する国に米国、英国、欧州連合(EU)加盟国を挙げた。これらの国は遅くとも今年の後半に接種が終わる見込みだ。

続いて2022年半ばには韓国・日本・台湾・シンガポール・オーストラリア・ロシアなどが、後半には中国・インドなどで接種が完了すると予想した。中国とインドは早期に接種を始めたが、人口があまりにも多いため集団免疫までには時間がかかる。一方、アフリカなど多くの開発途上国はワクチンの確保が遅れ、2023年後半に本格的な接種が始まる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP