주요 기사 바로가기

CNN「日本安保法の施行後、自衛隊・米軍の協力加速化」

ⓒ 中央日報日本語版2021.02.26 11:52
0
日本自衛隊の集団的自衛権行事を許容した安全保障関連法が施行された後、自衛隊と米軍の協力が加速化しているとCNNが24日(現地時間)、報じた。

報道によると、自衛隊が米国艦艇と航空機を守る任務を遂行した事例は2019年14件から昨年25件に急増した。

日本防衛省は自衛隊が日米間合同訓練の際、21件の米軍航空機の保護任務を遂行する一方、弾道ミサイルの動向に関する情報収集および警戒・監視活動に投入された米軍駆逐艦を保護する任務も計4回遂行したと明らかにした。

これに先立って、日本は2016年3月施行された安保法を通じて自衛隊が平時に兵器を使って守ることができる集団的自衛権行使の対象に外国軍を追加した。安保法の施行前は平時の保護対象が自衛隊兵器と施設に限られていた。

これを受け、CNNは「アジアで最も強い2つの軍事力間統合作戦が拡大しているという信号」として「防衛省の発表は日米安保関係の重要性が大きくなっていることを意味し、潜在的な敵対国に重要なメッセージを伝える」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP