주요 기사 바로가기

コロナ医療陣への賃金185億ウォン未払い…韓国政府「499億ウォン編成し迅速支給」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.25 10:02
0
韓国政府が新型コロナウイルス防疫現場に派遣された医療陣に対する未払い賃金を近く支給すると24日に明らかにした。政府は予算不足を理由に先月まで185億2400万ウォン(約17億6467万円)に達する賃金支払いを先延ばししていた。

中央事故収拾本部のユン・テホ防疫総括班長はこの日午前の定例会見で、医療陣の人件費不足と関連した質疑に、「足りない部分はきのう(23日)の閣議を通じて予備費が追加編成された。きょう自治体別に1次予算配分をする予定」と明らかにした。今回追加編成された予算は499億ウォンだ。

昨年1-3月期に政府は新型コロナウイルス派遣医療陣の人件費として141億ウォンを編成し執行した。だが昨年12月に首都圏で患者が急増し、派遣医療陣が大幅に増えたことから自治体ごとに策定された予算をすべて使い果たした。

中央事故収拾本部は16日に緊急に支出すべき34億ウォンを独自の財源を通じてまず執行し、今回は予備費を追加編成して支給する計画だ。

ユン班長は「各自治体で現場医療陣に賃金を支給するまで時間が少しかかるかもしれず、迅速に執行されるようモニタリングする。この過程でさらに必要な予算があれば迅速に配分する」と付け加えた。

◇医療陣の有給休暇、労働法違反議論

一方、一部では派遣医療陣の有給休暇規定が労働契約書に明確に記載されておらず、勤労基準法を違反しているという指摘も出た。

これに対してユン班長は「派遣人材の大部分が1カ月以内の短期人材で、勤労基準法により手当ては勤務終了後14日以内に支払い、有給休暇も保障している。ただ迅速な募集と派遣に重点を置いたため勤労契約書などに明確に記録として反映できない側面が一部あったようだ」として改善すると話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    コロナ医療陣への賃金185億ウォン未払い…韓国政府「499億ウォン編成し迅速支給」

    2021.02.25 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    大田市内のある保健所の新型コロナウイルス選別診療所で医療陣が訪問した市民を忙しく検査している。フリーランサー キム・ソンテ
    TOP