주요 기사 바로가기

ジェネシスのSUV後援受けたタイガー・ウッズ…操作に不慣れで事故か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.24 17:27
0
米男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手が自動車横転事故を起こし病院で緊急手術を受けた。現在の命に別状はないとされるが、足をひどく負傷しており今後選手生活を続けられるかは不明な状況だ。ウッズが乗っていた車は現代自動車が生産したジェネシスブランドのスポーツ多目的車(SUV)「GV80」と確認された中で、事故原因に対する関心が集まっている。

◇現在まではスピード出しすぎが最大の事故原因

ウッズは23日午前7時15分ごろ、米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で1人で運転していて事故を起こした。往復4車線の急な下り坂でウッズが運転するGV80は中央分離帯と衝突した後、反対車線へ乗り越えて数回転し転落した。車は道路から9メートル離れた斜面で転覆した状態で止まった。

この事故をめぐり専門家らはウッズのスピードの出し過ぎを原因に挙げた。大徳(テドク)大学自動車学科のイ・ホグン教授は「事故が発生した地点は普段からドライバーがとてもスピードを出して走るドライブコースだった。ウッズが習慣的にスピードを出し過ぎ、しばしよそ見をしたりハンドルを間違って操作するなどの運転の不慣れで発生した事故のようだ」と話した。法律事務所ススロドットコムのハン・ムンチョル弁護士は「スピードを出し過ぎると半径が大きくない曲線道路でも瞬間的に車がバランスを失うことがある」と分析した。

事故が発生したのはロス市内から南に32キロメートル離れたローリング・ヒルズ・エステートとランチョ・パロス・ベルデスの境界付近で、この一帯はドライブコースとして有名なところだ。ただこの道路の制限速度は時速45マイル(72キロメートル)という。現地警察官もウッズの車が通常の速度より速く走っていた点を指摘した。しかしウッズが薬物を服用したり飲酒状態で運転したという情況は見つかっていないと明らかにした。

◇後援受けた車の運転に不慣れ?

一部ではGV80に対しウッズが運転に不慣れだった可能性も提起された。法務法人ポラリスのキム・ビョンオン弁護士は「ウッズがもともと自分の車でなく初めて運転する車を走らせたがハンドル操作に慣れておらず事故が起きたものとも推測が可能だ」と話した。キム弁護士は「車をレントする場合、それまで運転していた習慣通りにハンドルを回すが回転半径が異なり接触事故を起こしたりもする。車によって微妙に異なるステアリング性や走行性などの違いは高速走行をする場合にさらにも大きく現れる」と話した。

ウッズは現代自動車の後援により先週末に開かれた米プロゴルフ(PGA)ジェネシス・インビテーショナルの主催者で、ロス滞在中に現代自動車からGV80を借りて利用してきた。事故直後にAP通信は「ウッズが運転していた車の側面に大会ロゴが付いていたことから見ると、ジェネシス・インビテーショナル選手専用車のようだ」と報道した。

◇SUV、横転の危険性高いが安全度は高い

ウッズの事故を目撃した住民の通報で事故現場には6分後に警察が到着した。当時車は道路横の急斜面に横転している状態で、ウッズは車のフロントガラスを通じて救助された。現地警察官は「横転事故にもSUV車内部はほとんど破損しなかった。ウッズが生き残ったのは幸運」と話した。

イ・ホグン教授は「SUV車は車高が高く重心が高いため側面から衝撃が加えられる時に横転する確率がセダンよりも高い。ただし横転の危険性は高いが、一般的にセダンよりフレーム剛性が高いため転覆や横転事故からは安全度が高い」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ジェネシスのSUV後援受けたタイガー・ウッズ…操作に不慣れで事故か

    2021.02.24 17:27
    뉴스 메뉴 보기
    タイガー・ウッズが運転していた車。[ジェネシス広報ツイッター キャプチャー]
    TOP