주요 기사 바로가기

俳優チョ・ビョンギュ「校内暴力はなかった。写真といくつかの話が真実であるように…人生に幻滅」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 10:58
0
「校内暴力疑惑」に対して俳優チョ・ビョンギュが「事実と違う主張を聞き、人生に対する懐疑と幻滅を感じた」という立場を出した。

チョ・ビョンギュは23日、インスタグラムに長文の文章を載せてこのように打ち明けた。彼は「初めて虚偽事実を流布した文章が掲載されたとき、あまりにも当惑して体が固まってくやしかった」として「すぐに翌日、善処を訴える連絡が来てからもくやしい感情を晴らすことが難しかった」と話した。

また「善処することにしたが、その後悪意的な文章が掲載され、文章の内容と関係のない写真といくつかの話が真実のようになってしまう状況に慌て、インターネットで広がる事実と違う主張と反論によって私は26年間生きてきた人生に懐疑と幻滅を感じた」と苦痛を訴えた。

同時に、もう一度校内暴力の根拠がないと強調した。チョ・ビョンギュは「ニュージーランド同窓だと主張した人が他の同窓生の許可を得ずに任意で写真を盗用したという事実を知った」として「お互いに同じ学校を卒業したのは事実だが、一面識もない関係で、カラオケに行った事実もなく、暴行した事実はさらにない」と主張した。

また「私は小学生時代、運動場で私が好きなサッカーをした事実はあるが、強制的に運動場で奪取したり暴行したりした事実もまたない」として「小学生3年の2学期に富川(プチョン)に転校したが、(その時も)金を恐喝したりバイクに乗ったりしたこともただ一瞬もない」と説明した。

チョ・ビョンギュは「写真といくつかの話で私がしたこともないことで誤解を受けるこの状況が耐え難い」とし「匿名性虚偽情報提供と悪意的な文章にいちいち対応できず全部捜査を要請した状態だ。待ってほしい。お願いする」と締めくくった。

16日初めて校内暴力の疑惑が提起された後、チョ・ビョンギュはこれを否認してきた。それでも被害者だと主張する人々が相次ぎ登場すると、最初の疑惑提起者の確約書を公開した。確約書で初めての疑惑提起者は「チョ・ビョンギュに対する誹謗の目的で上の虚偽文を掲示したが、本人の行為が法律を違反したことであり、チョ・ビョンギュと所属事務所に対する財産上、精神的損害を負わせる行為であることを認識して反省している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優チョ・ビョンギュ「校内暴力はなかった。写真といくつかの話が真実であるように…人生に幻滅」

    2021.02.23 10:58
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チョ・ビョンギュ
    TOP