주요 기사 바로가기

(G)I-DLEのスジン「いつも悪いうわさがつきまとっていた…さまよう時期あったが、校内暴力ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.22 11:08
0
校内暴力の疑惑が提起されたガールズグループ(G)I-DLEのスジンが「物議をかもして申し訳ない」と立場を明らかにした。ただし、校内暴力に関連しては「ただ一度も暴行を加えたことはない」と一線を画した。

22日、スジンはファンサイトを通じて「多く悩んだところ、文章を載せる」としてこのように伝えた。スジンは「私は学生時代に目につく子だった。いつも悪いうわさがつきまとっていたのも事実だ」として「生徒としての本分に合わない服装で好奇心でタバコを何度吸ったこともある」と話した。

しかし、校内暴力の疑惑に対しては「本当に納得がいかない。いつも悪いうわさは気にしなかったが、多くのファンの方々が苦しんでいることを見てそのまますべてのことを打ち明ける」とし、事実と違うことを強調した。

また「今日、文章を載せた友達と私は本当に仲の良い友人だったと考える。その友達がなぜ私を遠ざけようとしたのか、文章を通じて分かった」として「私も腹が立って、恥ずかしいがその友達に悪口を言ったことも思い出す」と話した。同時に「確かに言えるのは、ただ一度もその友達に暴行を加えたことがなく、バイクに乗ったこともなく、いじめをリードするグループチャットのメッセージを送ったこともない。制服を奪ったことも、物を盗んだこともない」と話した。

女優ソ・シネに対しても釈明した。スジンは「ソ・シネさんとは学生時代に対話を交わしたこともない。このことで被害が及んだようで申し訳ない」と話した。ソ・シネはこの日、自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「弁解する必要はない(None of your excuse)」という文面を残したが、スジンを狙ったという解釈が出てきた。

ソ・シネとスジンは中学校同窓だ。スジンは「私のプライバシーで物議をかもして申し訳ない。恥ずかしい行動で傷つけられた方々に申し訳ない」と締めくくった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    (G)I-DLEのスジン「いつも悪いうわさがつきまとっていた…さまよう時期あったが、校内暴力ではない」

    2021.02.22 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    (G)I-DLEのスジン
    TOP