주요 기사 바로가기

韓国将星出身の予備役「大規模な機動訓練の正常化を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.22 16:14
0
3月に予定されている韓米連合訓練で大規模な部隊が野戦で実際に機動する訓練を復活させるべきだと、韓国の予備役が促した。

予備役将星からなる「星友会」は22日、立場を表明し、「韓米連合訓練は北の核の脅威を牽制できる唯一の方法であり、指揮所の演習と大規模な実際の機動訓練を通じて軍事対応態勢を保障する」とし「北の非核化を名分に縮小・廃止された大規模な機動訓練を直ちに正常化することを求める」と明らかにした。

続いて「韓米同盟は強力な軍事同盟体そのものが核の傘の提供に決定的な役割をし、米国側の戦略資産、戦時増援戦力展開などはシミュレーションだけではできない」と強調した。

星友会は「北は核兵器を開発した状態であり、大韓民国を標的に戦術核、原子力潜水艦、新型ミサイルなどで我々を脅かしている深刻な状況」と指摘し、「一部の人たちは訓練の延期を提起し、北との協議を提案している」と憂慮した。また「韓米同盟は平時の北の挑発抑止、有事の際は戦争の勝利など死活的な利益を守るリンチピン」とし「北は韓米同盟の亀裂を狙っている」と主張した。

星友会は「安全保障状況が非常に厳しい時期」とし「国家の安危がかかる安全保障懸案は国家生存レベルで接近することを強く求める」と強調した。 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=sec&oid=025&aid=0003079444 https://news.joins.com/article/23997301

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国将星出身の予備役「大規模な機動訓練の正常化を」

    2021.02.22 16:14
    뉴스 메뉴 보기
    地下バンカーで韓米軍の将兵が連合訓練状況を見守っている。星友会はこうした指揮所演習に加えて実際の機動訓練を実施するよう促した。 写真=米空軍
    TOP