주요 기사 바로가기

「ラムザイヤー氏、慰安婦契約書を探しさえしなかった」…ハーバード教授公開批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.19 06:45
0
米ハーバード大学歴史学科の教授が「慰安婦は売春婦」と主張している同校ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授の論文に対して「学問的な誤りがある」と公開的に批判した。

17日(現地時間)、同校韓国歴史学のカーター・エッカート教授と歴史学のアンドルー・ゴードン教授は、ラムザイヤー教授の論文に対する反駁文を法・経済関連の学術誌「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス(International Review of Law and Economics)」に提出した。この学術誌は、3月号にラムザイヤー教授の論文「「太平洋戦争当時の性契約(Contracting for sex in the Pacific War)」を掲載する予定だ。2人の教授は反駁文で「ラムザイヤー教授が言及した証拠の実体は確認できなかった」と明らかにした。

これによると、ラムザイヤー教授は論文で1938年から1945年の間に慰安婦被害者と募集業者の間に作成されたという契約書に言及して「慰安婦は自発的に売春契約を結んだ」と主張した。

しかし、2人の教授は論文を検証した結果、「論文に引用された文書をいくらくまなく調べてみても、慰安婦被害者やその家族が結んだという契約書をラムザイヤー教授が直接探したという証拠はなかった」と明らかにした。証拠の信憑性に疑問を呈したのだ。

特に「ラムザイヤー教授が用いた文書の中の1つは、中国上海慰安所でバーテンダーとして仕事をした日本人女性のサンプル契約書だった」としながら「主張と関係がない内容を引用した」と指摘した。続いて「自分で読んでもいない契約内容を、どんな根拠で、強い表現まで使ってどのように主張を作り出したのか分からない」と突いた。

また「契約内容が入った手帳ではなく、その手帳に関する本を引用した点」「韓国女性が契約を結んだという第三者の証言を証明するいかなる文書も見つけることができなかった点」も問題だと指摘した。

両教授は「ラムザイヤー教授の論文は『証拠未確認』『主張を裏付ける第三者の証言不足』『選択的文書の活用』などで、学問的真実性を深刻に違反している」と批判した。2人の教授は、同学術誌に対して、論文掲載を先送りして全面的な調査を進めるよう求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ラムザイヤー氏、慰安婦契約書を探しさえしなかった」…ハーバード教授公開批判

    2021.02.19 06:45
    뉴스 메뉴 보기
    2004年、当時ハーバード大学韓国学研究所のカーター・エッカート所長が韓国の梨花(イファ)女子大学で特講をしている。[写真 中央フォト]
    TOP