주요 기사 바로가기

「フランス、中国発表の1カ月前にコロナ存在した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.12 14:38
0
中国政府が新型コロナウイルス感染(新型肺炎)起源説を否認している中、初の発症事例が2019年12月より前に存在したという報告が相次いでいる。

10日(現地時間)、フランス日刊紙ル・モンドによると、ピエール-ルイ疫学・公衆衛生研究所は、コホート(同一集団)事業の参加者から収集した血液サンプル9144件を分析した結果、2019年11月~2020年1月の13件から新型コロナの陽性反応が出たと発表した。このうち10件は2019年11~12月と確認された。

これは、中国湖北省武漢で2019年12月末に最初の感染例が出たという公式報告より1カ月早い時期だ。

遅れて感染が確認された人の半数は当時海外旅行に行ったか、他の病気に罹患した人と接触していたことが分かった。

ある30代女性は、同居人が2019年10月に激しい咳の症状を見せたと言い、別の女性は2019年10月から12月に原因不明の肺炎を患った家族と会ったと述べた。この女性は当時、スペインにも行ったという。

研究を率いたファブリス・カラット教授は「このような結果は、2019年11月と12月からすでに、フランスの新型コロナ感染率が人口1000人当たり1人の割合だったことを示唆している」とし「ウイルスが特定地域ではなく、全国で散発的に見られた事例を発見したようなものだ」と述べた。

これまで、フランスで最初に新型コロナ感染が確認されたのは2019年12月末、パリ近郊のセーヌ=サン=ドニの病院に入院した肺炎患者だった。

この日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、世界保健機関(WHO)も、中国で2019年10月に新型コロナに似た症状が疑われる患者がいたという事実を把握した。中国政府が公式に発表した最初の発症事例より2カ月前の時期だ。

新型コロナの起源を明らかにするため調査のために中国武漢を訪問したWHO現場調査チームは、2019年12月以前に湖北省一帯で肺炎など類似症状で入院していた92人の医療記録を入手した。

ピーター・ベン・エンバレクWHO調査チーム長によると、中国政府は彼らの新型コロナ抗体の有無を確認するために血清テストを実施した。中国政府は、死亡者とテスト拒否者を除く残りの3分の2を検査した結果、いずれも陰性だったとし、「ウイルス感染の痕跡は発見できなかった」という結果を出した。

しかし、WHO調査チームは発病1年が過ぎて抗体が消えた可能性があるため、より広範囲な検査が必要だという立場を示した。類似症状の患者が存在したということは、ウイルスがいつ広がったかに関する証拠になる可能性があるという理由からだ。

WHO調査チームは、中国当局に血液バンクに保管された多数のサンプルの血清テストを要求したが許可が出なかったと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「フランス、中国発表の1カ月前にコロナ存在した」

    2021.02.12 14:38
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP