주요 기사 바로가기

アップルと「秘密恋愛」破局? 現代自動車グループ時価総額13兆ウォン蒸発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.09 08:13
0
現代自動車グループと米アップルの「アップルカー」生産協議が中断または失敗に終わった。現代自動車と起亜自動車は8日、KOSPI市場公示を通じ「アップルと自動運転車開発に関する協議を進めていない」と投資家らに知らせた。現代自動車はまた「多数の企業から自動運転電気自動車関連の共同開発協力要請を受けているが、初期段階で決定されたものはない」と付け加えた。起亜自動車は「自動運転電気自動車と関連し多数の海外企業と協力を検討しているがまだ決定されたものはない」と明らかにした。

現代自動車は先月8日の公示ではアップルに言及せず「多数の企業から自動運転電気自動車関連の共同開発協力要請を受けているが、初期段階で決定されたものはない」と説明した。現代自動車と起亜自動車関係者らは「公示以外に明らかにすることはない」として口を閉ざした。アップルカーの協議決裂あるいは中断が及ぼす影響を考慮して役員社員の口止めを徹底する様子だ。サムスン証券のイム・ウンギョン研究員は「(現代自動車と起亜自動車が)過度な期待に対し確実に線を引いたもの」と話した。

8日のKOSPI市場では現代自動車グループ関連株が一斉に急落した。この日現代自動車グループの時価総額は1日で13兆4000億ウォン(約1兆2619億円)蒸発した。現代自動車は前日より6.21%下落の23万4000ウォンで取引を終えた。起亜自動車が14.98%安、現代モービスが8.65%安、現代ウィアが11.9%安、現代グロービスが9.5%安などともに下落した。現代自動車グループの上場5社の時価総額は125兆4439億ウォンで前日より9.7%減った。KOSPIは再び3100ポイントを割り込み前日より0.94%下落の3091.24で取引を終えた。

現代自動車グループとアップルとの協力説が出てきた先月8日から5日まで個人投資家は現代自動車株を9157億ウォン相当買い越した。起亜自動車、現代モービス、現代ウィア、現代グロービスの4社を含めた個人投資家の現代自動車グループ関連株買い越し規模は2兆8139億ウォンだった。同じ期間にKOSPI市場全体で個人投資家の買い越し規模21兆2546億ウォンのうち13%以上が現代自動車グループ関連株に集まった。

8日のKOSPI市場で個人投資家の買い越し1位銘柄は起亜自動車だった。この日個人投資家らは起亜自動車株2405億ウォン相当を買い越した。個人投資家買い越し2位は現代モービスの1700億ウォン、4位は現代グロービスの606億ウォンだった。これに対し機関投資家と外国人投資家は現代自動車グループ関連株5000億ウォン以上を売り越した。

ブルームバーグは5日、現代自動車とアップルの協議が最近中断され、原因は現代自動車がアップルとの「機密保持」の原則を破ったためだと報道した。ブルームバーグは「アップルが腹を立てた」と伝えた。韓国自動車研究員のイ・ハング選任研究委員は「(アップルとの協力説初期報道で)現代自動車は適切に対応しなければならなかったが、初期に未熟に対応した側面がある」と話した。彼は「1カ月外信などで話題になったが自ら否定して企業イメージを損ねた。今後グローバル企業と手を組むのに影響を及ぼすだろう」と付け加えた。

アップルは協力企業など事業パートナーを選ぶ際に神秘主義に近いほどセキュリティを強調し機密保持原則に反すれば数億ドルの罰則を払わせるケースもあるという。アップルの「プロジェクトタイタン」は当分水面下に潜るものとみられる。アップルが進める自動運転車事業で協力会社に機密保持をさらに強調できるからだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップルと「秘密恋愛」破局? 現代自動車グループ時価総額13兆ウォン蒸発

    2021.02.09 08:13
    뉴스 메뉴 보기
    アップルが未来自動車市場に参入するだろうか。ソフトウェアとシステム、ハードウェア開発ノウハウまで備えたアップルは未来自動車市場の強力な挑戦者だ。写真はアップル関連情報が上げられるマックルーマーズが予想したアップルカーの姿。[写真 マックルーマーズ]
    TOP