주요 기사 바로가기

29日ぶりに韓国船員解放したが…イラン「船長と船舶の出国は認めず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.03 07:53
0
イランが海洋環境汚染を理由に拘束していた韓国船籍のタンカー「韓国ケミ号」の船員を解放すると明らかにした。だが船舶に対する拘束は解除せず、船長もイランからの出国が認められなかった。

外交部は2日夜に報道資料を出し、「午後6時50分に行われた崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官とアラグチ外務次官との電話会談で、アラグチ次官が『イラン政府が船長を除く残りの船員に対する拘束をまず解除することに決めた』と伝えてきた」と明らかにした。

これに対して崔次官は「イラン側の決定を歓迎し、残留予定の船長と船舶もまた速やかに拘束が解除されるようイラン政府は最善の努力を傾けてほしい」と促したと外交部は伝えた。アラグチ次官は「司法手続きが進行している間は船長に対し人道的処遇と十分な領事助力を保障する」と約束したと外交部は説明した。

これに先立ち先月4日にイラン革命防衛隊はサウジアラビアを出発してアラブ首長国連邦に向かった韓国ケミ号が海洋汚染を起こしたとして船舶を拿捕した。それから29日ぶりに船員が自由になった形だ。乗組員は20人で、韓国人が5人だった。

イラン外務省のハティブザデ報道官も韓国外交部より先に声明を出し、「人道主義的次元から韓国船舶の船員が出国できるようにした」と明らかにしたと同国のイルナー通信などが報道した。ただ「船舶と船長の違法容疑に対する司法調査は法の枠の中で続いている」と付け加えた。

ハティブザデ報道官は制裁により凍結されているイランの原油輸入代金の問題も改めて取り上げた。ハティブザデ報道官は両国の次官同士の電話会談に言及し、「両国は韓国の銀行に凍結されたイランの資産問題を解決するための案を協議した。韓国側は早急にイランの資源に対する規制を解除するための韓国政府の意志と努力を強調した」と明らかにした。

船員が解放されたのは喜ばしい便りだが、船長と船舶は依然として拘束されているという点で懸念は依然続いている。イランが凍結資金解除問題で交渉力を維持するため意図的に一部人員に対してだけ拘束を解除したのではないかとの見方も出ている。イランは船舶拿捕が法的であり技術的理由だと主張してきたが、実際には凍結資金問題と連係して韓国を圧迫してきたのが事実だ。

海運会社側は船長と船舶が出国できない以上、拘束解除は実質的に大きな意味がないという反応だ。韓国ケミ号を運航するDMシッピングの関係者は「船員に対する拘束を解除しても船長と船の拘束が続いている状況では残りの船員もそれぞれの故国に戻ることが不可能な状況だ。韓国船員全員が船舶を管理するために残らなければならない核心人材であることに加え、ミャンマー国籍の船員10人もやはりクーデター状況でミャンマーに入国できない」と話した。続けて「言葉だけの拘束解除で、イランに足止めされながら陸上を自由に行き来できるということ以外に変わることは全くない。イランが恩に着せるための拘束解除でむしろ虚しい気持ち」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    29日ぶりに韓国船員解放したが…イラン「船長と船舶の出国は認めず」

    2021.02.03 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    イラン革命防衛隊に拿捕された韓国船籍のタンカー「MT韓国ケミ」。[写真 DMシッピング]
    TOP