주요 기사 바로가기

楊潔チ主任「中国は米国大統領選挙に介入していない…トランプ政策の廃棄を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.02 16:27
0
「中国は大統領選挙を含む米国内政に干渉していない」 

中国の「外交官第1号」と呼ばれる楊潔チ中央外事工作委員会弁公室主任が中国の米国大統領選挙介入説を否定した。1日(現地時間)、米中関係全国委員会(National Committee on US-China Relations)が設けた『楊潔チとの対話』のビデオ演説でのことだ。30分余りのスピーチはトランプ政府の対中政策への強い非難で始まった。楊潔チ主任はバイデン政権の対中政策変更を求めたが、中国の譲歩や態度の変化に関する言及はなかった。

楊主任は「中国は外国に発展モデルを輸出せず、イデオロギー対決を望んでおらず、米国の地位に挑戦したり、取って代わろうとしたりせず、勢力範囲を手に入れる考えはない」と主張した。「発展し続ける中国の歩みと人類の平和と発展という崇高な事業は、いかなる力量でも妨げることはできない」とし「米国は、香港・チベット・新疆および中国の主権と領土問題への介入を停止しなければならない」と求めた。中国の既存の政策に対する変化はないというメッセージだ。

トランプ政権に対する批判の水位は高かった。「過去数年間、米国のトランプ政権は非常に間違った反中政策を施行した」とし、「一部の人が自分の政治的私益と狭い偏見で米中関係を破壊することはできない。歴史の誤った側に立ち、両国の人民と対立するならば、必然的に失敗するだろう」と主張した。

代わりに中国は、具体的な要求を列挙した。楊主任は「米国の新政府は中国人の米国留学生を苦しめ、中国の米国内メディアを制限し、孔子学院を禁止し、中国企業を圧迫するなど、誤りで人心を得られなかった政策を解除し、両国の各界各層の交流と協力を妨げる『障害物』を取り除くことを希望する」と求めた。経済にも言及した。楊主任は「経済問題を政治化したり、『国家安保』の概念を濫用してはならない」と強調した。

楊主任の演説は、バイデン政権発足後、中国高官の初の米中関係に関する演説で、大きな注目を浴びた。スコット・ケネディ戦略国際問題研究所(CSIS)上級顧問は、前日「もし楊潔チが表面的にあいまいなプラスチックのオリーブの枝だけ差し出すならば、同じ対応が返るだろう」とし、香港サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)に発表した。バイデン時代の米中関係が大きな枠組みで「トランプ2期」になる可能性が高いという意味だ。

楊主任は昨年末、今後5年間、中国外交の主眼点を明らかにした人民日報の寄稿文で「国と国の間の枠組みと構造が深刻な調整に直面した。力量の対比がよりバランスの取れる方向に進んでいる」とし、米中間の力の逆転を示唆した。また、大国外交に関しては「大国協調との協力、安定した大国関係の構築」を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP