주요 기사 바로가기

イラン、韓国外交次官の訪問控えて船舶抑留…その理由は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.05 07:38
0
4日のイラン当局による韓国国籍船舶の抑留は、韓国外交高位当局者のイラン訪問を目前にして起きたことが明らかになった。

サウジアラビアメディア「アルアラビーヤ」英文版は、この日抑留の便りを伝えて「今回の事件は韓国外交部次官補のテヘラン訪問が予定されていた中で起こった」と報じた。また「イラン外交部は該当の要人が数日内に訪問し、今回の訪問で米国の制裁によって韓国の口座に凍結されている原油輸出代金70億ドルを返してほしいというイランの要求が話し合われると明らかにした」と説明した。

アルアラビーヤは「次官補(deputy minister)」と表現したが、実際にイラン訪問を推進したのは崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官だという。外交部第1次官は二国間関係を総括するが、崔次官が韓国とイランの間の二国間関係の懸案を話し合うためにイラン訪問を準備中だったということだ。早ければ数日内に崔次官のイラン訪問計画が公式発表される予定だったという。

これに関連して、外交部当局者は「イラン当局と関連の協議をしていたのは事実だが、まだ日が確定したわけではない。高位要人の交流がしばらくなかったため、二国間の関係全般について意見交換をする予定だった」と説明した。

だが、具体的な日程まで確定したわけではなかったにせよ、韓国の高位当局者の訪問を控えてイラン政府が韓国船舶を抑留し、韓国人船員を逮捕したのは常識的ではないというのが外交界の反応だ。特に、イランはホルムズ地方検察の指示により船舶を抑留したと主張している。「適法手続き」に伴う計画的措置だったという解釈も可能だ。ただしイランメディアは、イラン革命防衛隊が船舶の海洋汚染現場を摘発したが、警告を無視して運航を続けたため措置を取ったと報じた。

だが、イラン当局が韓国との高官交流を控えて韓国船舶を抑留までしたのは他意があるのではないかという推測が相次いでいる。イランは韓国の都市銀行口座に凍結された原油輸出代金を償還しない場合、韓国を国際司法裁判所に提訴する場合もあると警告したことがある。米国トランプ政府がイラン核合意を破棄してイランに対する制裁を復元させ、イラン金融機関との取引はほぼ禁止されたことで韓国がイラン産原油を輸入して代金を入金した口座も凍結された。

特に今回の事件がイラン-米国間の緊張が高まる中で起きたことにも留意しなければならない。AP通信は船舶抑留措置とイランのウラン濃縮再開が同じ日に一度に行われたと報じた。イランはこの日、フォルドウの地下核施設で純度20%のウラン濃縮作業を開始したと明らかにしたが、これは武器化が可能な核活動を事実上中断すると約束した核合意以前に戻ることを宣言するものだ。

ただし、韓国政府は過度な解釈は警戒する雰囲気だ。韓国を圧迫しようとする政治的意図があるとここで中途半端に断定することはできないということだ。外交部当局者は「外交部と在イラン大使館は韓国船舶の抑留に関連して詳しい状況を把握中で、船員の安全を確認して船舶の早期抑留解除をイラン当局に要請している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イラン、韓国外交次官の訪問控えて船舶抑留…その理由は

    2021.01.05 07:38
    뉴스 메뉴 보기
    崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官
    TOP