주요 기사 바로가기

ソン・イェジン&ヒョンビン、熱愛中に参加した百想芸術大賞のビハインド

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.04 10:57
0
みんなの予想が当たった。

事実上、全国民が予想していた女優ソン・イェジン(39)と俳優ヒョンビン(39)が熱愛事実を公式に認めた。

ヒョンビンの所属事務所VASTエンターテインメントとソン・イェジンの所属事務所MSチームエンターテインメントは1日、「二人が作品を通じて縁を結んだ。ドラマ放映終了以降、お互いに対する良い感情を持って恋人関係に発展することになった」と明らかにした。

ソン・イェジンはこの日、自身のインスタグラムに「良い人と出会えることができて感謝する」として熱愛を認め、「初めて仕事ではなく個人的な話をするのは恥ずかしい」と心境を打ち明けた。普通の芸能人が熱愛報道以降所属事務所を通じて公式立場を明らかにすることとは違い、ソン・イェジンは自身が直接残した。さらに、結婚発表も文章を書いて公開したりするが、熱愛事実を知らせるのは稀なことだ。

二人の熱愛時期はtvNドラマ『愛の不時着』放映終了以降である3月からだ。彼らは恋愛後6月百想芸術大賞に並んで出席、人気賞を受けた。この日、新型肺炎でスタッフの出入りも徹底的に統制して行われ、現場にいた関係者は2人の通常でない姿が見られたと伝えた。特に、ソン・イェジンは舞台を眺めている席であるにも関わらず、目を向けてヒョンビンを見つめるなど仲睦まじい姿が目撃された。

ソン・イェジンとヒョンビンは映画『交渉』とドラマ『愛の不時着』で共演し、その間何度も熱愛説に巻き込まれたが否認で一貫してきた。今回は堂々と明らかにして2021年初めてのトップスターカップルになった。

また、ドラマ『愛の不時着』が昨年日本からインドまで全世界的に大きく愛されているだけに外国でも二人の恋愛に対する関心が熱い。世界各国のファンたちがソン・イェジンのインスタグラムにコメントをつけて熱愛事実を熱烈に歓呼している。特に、日本は1日から2日まで2人の俳優が所属事務所を通じて熱愛事実を認めるやいなや、リアルタイムでこの便りを伝えた。ヤフージャパンは関連記事を主なニュースに配置し、サンケイスポーツなどの多数のメディアもこのニュースを大きく扱った。また、日本ファンたちは各種ソーシャルメディアを通じて「世界でこのように祝福するカップルはなかなかない。最高のカップル」「『愛の不時着』で二人がスイスの坂道を並んで歩いてくる場面は本当に恋人のようだった」「結婚までゴールインしたら」のようなコメントを書き込んで祝った。

『愛の不時着』は昨年2月ネットフリックスを通じて公開された後、日本で口コミだけで10週間人気作品のトップ10に選ばれ、第3次韓流に始動をかけた。特に、女優・黒柳徹子、女優・佐々木希、タレント・千秋などスターと極右政治家とされる橋下徹前大阪市長、菅内閣の外務大臣を務める茂木敏充氏なども『愛の不時着』を観たと明らかにしたほど大人気を呼んだ。

2001年ドラマ『おいしいプロポーズ』でデビューしたソン・イェジンは映画『永遠の片想い』『ラブストーリー』、ドラマ『夏の香り』などで「国民の初恋」に呼ばれた。その後、映画『私の頭の中の消しゴム』、ドラマ『恋愛時代』『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』などで20年以上最高の女優に位置付けられている。ヒョンビンは2003年『ノンストップ4』を通じてスターになり、2005年『私の名前はキム・サムスン』で大きな人気を得た。ドラマ『彼らが生きる世界』『シークレット・ガーデン』『アルハンブラ宮殿の思い出』などに出演した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソン・イェジン&ヒョンビン、熱愛中に参加した百想芸術大賞のビハインド

    2021.01.04 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    俳優ヒョンビン、女優ソン・イェジン
    TOP