주요 기사 바로가기

LGバッテリー、中国CATLに世界1位の座奪われる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.31 12:03
0
LGグループが誇るLGエネルギーソリューションがバッテリー世界1位の座を奪われた。

SNEリサーチが31日に発表した調査結果によると、LGエネルギーソリューションの1~11月の電気自動車(EV、PHEV、HEV)搭載バッテリー使用量は26.4ギガワット時で、全使用量の22.6%を占め2位を記録した。中国のバッテリー企業CATLは28.1ギガワット時を記録し全電気自動車用バッテリー使用量の24.2%を占め世界1位を維持した。

LGエネルギーソリューションは3月に初めて年間累積バッテリー使用量1位を達成し8月までトップの座を守ってきた。しかし中国CATLが9月から逆転し、11月まで1位の座を守っている。CATLは中国政府の全面的な支援の中、電気自動車用バッテリー部門で2017~2019年の3年連続1位を占めている会社だ。両社のバッテリー使用量格差は9月の0.3ギガワット時から11月には1.8ギガワット時まで広がった。

下半期から中国で販売するテスラの「モデル3」にバッテリー供給を開始したCATLは中国政府が電気自動車補助金支援政策を2年延長して受注を拡大している。業界関係者は「CATLは中国の電気自動車用バッテリー市場で約50%のシェアを占めるが、差別的な補助金政策により『傾いた運動場』の中国市場でシェアを高め続けると予想される」と話した。

日本のパナソニックは1~11月に累積22.3ギガワット時で19.2%となり3位を記録し、サムスンSDIが6.8ギガワット時で5.8%、SKイノベーションが6.5ギガワット時で5.5%となり4位と5位を占めた。SKイノベーションは海外工場増設など積極的投資により前年同期の1.9ギガワット時より電気自動車用バッテリー使用量規模が約3.4倍に増え、シェアは2.9倍に増加した。

SKイノベーションは10月と11月の2カ月連続で月間電気自動車用バッテリー使用量でサムスンSDIを追い越した。LGエネルギーソリューションの1~11月の累積電気自動車用バッテリー使用量は前年同期の2.4倍、サムスンSDIは前年同期の1.7倍水準だ。韓国バッテリー3社の累積シェアは33.9%で、前年の16.6%から2倍水準に増えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LGバッテリー、中国CATLに世界1位の座奪われる

    2020.12.31 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    LGエネルギーソリューション本社があるソウル・汝矣島のLGツインタワー。
    TOP