주요 기사 바로가기

駐中日本大使「中国、日本人の非友好的感情をよく研究してほしい」

ⓒ 中央日報日本語版2020.12.29 14:24
0
駐中日本大使が中国に対する日本人の非友好的感情に対して「中国側がその原因および局面転換方法に対してよく研究してほしい」と明らかにした。

29日、中国メディア「澎湃」によると、垂秀夫大使(59)は最近、同メディアとのインタビューで、両国民の相手国に対する認識に関連した世論調査の結果に対してこのように話した。

該当の調査は「北京-東京フォーラム」が今年実施したもので、日本に友好的な中国人の回答者は歴代最高の45%である反面、中国に友好的な日本人回答者は最低の10%だったという。

垂大使は「日本も中国と共に考え、必要なら参考意見を提示することもできる」としながら「中国側の努力に対し、最善を尽くして協力する」と話した。

彼は「過去、中国人の日本に対する認識が良くなかった時期に、中国は常に日本政府に措置を要求した」としながら「日本政府も中国人観光客誘致制度および文化・青少年交流などで努力をしてきた」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP