주요 기사 바로가기

韓経:また大物捕まえたサムスン…台湾TSMCに「判定勝ち」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.18 08:50
0
サムスン電子が米国半導体メーカーのNVIDIAのグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)委託生産量を追加受注した。1月、1次物量に続いて2次発注でもファウンドリ(半導体受託生産)世界1位の台湾TSMCを抜いたことになる。サムスン電子が技術力と納期での優位を示し、TSMCから「判定勝ち」を勝ち取ったという評価が出ている。

17日、半導体業界によると、サムスン電子のファウンドリ事業部は最近、NVIDIAからアンペアGPUの生産に関する2次注文を受けた。GPUは画像情報を処理する半導体だ。

設計専門会社(ファブレス)のNVIDIAは、サムスン電子のようなファウンドリに製造を委託する。サムスン電子はことし初め、1兆ウォン規模と推定されているNVIDIAの1次注文を受け、9月に製品を供給した。NVIDIAは、GPUにDRAMなどを組み合わせて製造するグラフィックカードのGeForce RTX 30シリーズが旋風的な人気を呼ぶGPU追加生産を決定した。2次注文はTSMCが獲得するという見方が出ていたが、サムスン電子は技術力と迅速な納品条件などを掲げ、発注を獲得した。

◇「TSMCはない4ナノで勝負」

NVIDIAが9月に発売したグラフィックカード(ゲーム機などで映像再生を担う部品)の「GeForce RTX 30」シリーズは、世界市場で品薄状態が生じている。「GeForceの大乱」と言われるほど「コスパ」が優れており、市場に出るとすぐに完売している。

製品を買えなかった消費者は、グラフィックカードの核心部品のGPUを受託生産するサムスン電子のせいにした。「供給不足はサムスン電子の低いGPU収率(歩留まり)のせい」という話が出回った。「NVIDIAがサムスンの代わりにTSMCと手を組むだろう」という外信報道まで出た。しかし、サムスン電子がNVIDIAのGPUを追加物量まで獲得し、収量関連論議は「悪意のあるデマ」だったという分析が有力となっている。

◇ファウンドリ収率論争を一蹴

17日、半導体業界によると、サムスン電子は京畿道華城(キョンギド・ファソン)のファウンドリ(半導体受託生産)工場8ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)工程で、NVIDIAのGPUの追加物量を生産している。サムスン電子は、9月に発売されたGeForce RTX 30シリーズのGPUファウンドリを担当した。グラフィックスカードの供給不足の状況が深刻化したことを受け、NVIDIAが再びサムスン電子に注文を入れたのだ。

NVIDIAが世界1位ファウンドリのTSMCではなく、サムスン電子と手を組んだことについて「技術力」と「納品日程」を考慮したという分析が出ている。サムスン8ナノメートル工程は極紫外線(EUV)を活用した7ナノメートル以下の工程ほどではないが、高性能半導体を生産するために不足がないという評価を受けている。米国のスマートフォンのアプリケーションプロセッサ(AP)会社クアルコムも大多数の中上級製品の生産をサムスン電子8ナノメートル工程に任せた。

安定した納品日程も考慮されたとされている。現在、EUV工程はTSMCとサムスン電子の双方とも注文が押し寄せている状況だが、8ナノメートル工程は比較的余裕がある。NVIDIAとしては、価格は比較的安価だがパフォーマンスには大差ないサムスン8ナノメートル工程を除外する理由がないのだ。

◇顧客と製品群の多様化…TSMCの追撃

NVIDIAを含め、サムスン電子のファウンドリ事業部の顧客は増加傾向にある。クアルコム、グーグル、シスコ、IBM、中国の百度など顧客は多様化した。注文を受けた商品もスマートフォン用AP中心からGPU、人工知能(AI)チップなどに拡大した。業界では、「顧客の質と量が共に改善された」という評価が出ている。

サムスン電子のファウンドリ事業部は、ことし過去最高の売上高を上げると予想される。半導体専門の市場調査会社トレンドフォースはことし、サムスン電子がファウンドリ事業で140億5400万ドル(約1兆4500億円)の売り上げを記録すると見通した。昨年(122億6700万ドル)より17.9%増えた数値だ。トレンドフォースは、「システム・オン・チップ(SoC)と高性能コンピューティング(HPC)チップファウンドリの需要が高まった」と説明した。

来年はファウンドリ世界1位のTSMC追撃の勝負になるだろうという見方が出ている。サムスン電子は、10-12月期基準でシェア16.4%と世界2位だが、TSMC(55.6%)との格差は30%ポイント以上だ。世界のファウンドリ市場のパイが大きくなるにつれ、TSMCの実績もサムスン電子同様、急増している。最新の生産ラインの5ナノメートル工程の顧客獲得をめぐり熾烈な競争を繰り広げている。

サムスン電子はことし、定期人事を通じてファウンドリ事業部の事業部長、戦略マーケティング室長、製造技術センター長など主要役員の陣容を刷新した。組織に緊張感を吹き込むと同時に4ナノメートル、3ナノメートルなど次世代工程でTSMCを抑えるという意志を示したものと分析される。

今月2日に就任した崔時栄(チェ・シヨン)新ファウンドリ事業部長(社長)は、最近イベント会場で記者と会い、「4ナノメートル工程は日程に合わせて滞りなく準備している」とし、「ファウンドリはサムスン電子の非常に重要な事業だけに、最善を尽くしたい」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:また大物捕まえたサムスン…台湾TSMCに「判定勝ち」

    2020.12.18 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン華城事業所
    TOP