주요 기사 바로가기

ウォン急騰の悪材料で韓国輸出企業に「赤信号」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.07 09:59
0
ウォンが急騰し輸出企業に「赤信号」が灯った。最近国際金融市場ではドル安の流れが強まっており、ウォンの価値が高まり輸出企業の採算性を悪化させている。

韓国貿易協会国際貿易通商研究院は6日、輸出企業967社を対象に調査した結果を明らかにした。この調査では来年1-3月期の最大の問題として「為替変動性拡大」を挙げた企業が16.8%で最も多かった。特に中小企業の悩みが深い。為替変動リスクに対策を用意できないところが多いためだ。先月中小企業中央会が中小企業308社を対象に「ウォン高にともなう影響」を調査した結果だ。調査対象企業の62.3%が「ウォン高で収益性が悪化した」と答えた。

中小企業が見る適正為替相場は1ドル=1181ウォン、損益分岐点は1ドル=1118ウォンだった。ウォンが1ドル=1118ウォンより高くなれば輸出をしても損失が出るという話だ。ところが4日のソウル外国為替市場でウォン相場は1ドル=1082.10ウォンで取引を終えた。9月初めの1180ウォン台と比較するとウォン相場は3カ月間で1ドル当たり100ウォンほど上昇した。中小企業中央会のキム・テファン国際通商部長は「ウォン高の流れは年末まで持続するだろう。輸出中小企業の採算性悪化を防止し、輸出拡大に向けた多様な支援政策が切実だ」と話した。金属メーカーA社の関係者は「まだ堪えられる段階だが、ウォン高ドル安の長期化に備え業界団体次元の対応策が必要だ」と話した。

機械メーカーB社の関係者は、「(これまで振るわなかった)業績を輸出好調で挽回するタイミングで悪材料に会った。取引単価を上げたり購入量を増やしてほしいと輸出取引先と交渉する計画」と話した。この会社の昨年の売り上げは6000億ウォン、営業利益率は2.2%水準だった。1000ウォン分を売って営業利益として22ウォンを上げたという話だ。ウォン高傾向が続けば営業利益率は1%台に下がるとみている。この会社の関係者は「現在のような状況が続けば結局コストを減らす方法を探さなければならない」として下請け業者に納品単価引き下げを要求することもあり得るとの考えを示した。

韓国企業の7割は来年の経営計画をまだ確定できていないことがわかった。全国経済人連合会が6日に公開した売上額上位企業対象のアンケート調査結果だ。全回答企業151社のうち71.5%は来年経営計画の「草案だけ策定」(50.3%)または「草案も策定できていない」(21.2%)と答えた。特に鉄鋼メーカーは来年の経営計画を確定したところが1社もなかった。自動車部品関連企業も経営計画を確定できていない割合が76.0%と高かった。

韓国企業の74.8%は来年下半期以降に業績が回復すると予想した。業績回復を予想する時期では2022年以降が29.8%で最も多く、来年7-9月期が27.8%、来年10-12月期が17.2%の順だった。全経連のユ・ファンイク企業政策室長は「新型コロナウイルス感染再拡大のような内外の不確実性により経営環境を見通すのが難しい。企業の成長動力が弱まらないよう政策的に支援しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウォン急騰の悪材料で韓国輸出企業に「赤信号」

    2020.12.07 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    釜山南区の戡蛮埠頭と神仙台埠頭にコンテナが積まれている。ソン・ボングン記者
    TOP