주요 기사 바로가기

韓国与党代表の最側近、遺体で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.04 07:03
0
韓国与党「共に民主党」代表である李洛淵(イ・ナギョン)氏の代表室副室長のイさん(54)が3日午後、ソウル瑞草洞(ソチョドン)ソウル中央地方法院の近くで遺体のまま見つかった。イさんは今年4・15総選挙に出馬した李洛淵氏の選挙事務室複合機のレンタル料を資産運用会社「オプティマス資産運用」関連会社から支援を受けた容疑(政治資金法違反)でソウル市選挙管理委員会が検察に告発した2人のうちの1人だ。

警察関係者は「2日、イさんに対する失踪申告(行方不明者届に相当)を受理した後、機動隊が裁判所近隣に対する捜索作業をに着手し、3日、科学捜査隊がイさんの身元と死因を把握した」と話した。イさんは2日、該当事件を捜査中のソウル中央地検経済犯罪刑事部に出席して調査を受けた。この日は2回目の出席だった。この日午後6時30分まで調査を受けて、夕食後に調査を再開することにしたが、その後所在がつかめなくなっていた。警察は家族から弁護人とも連絡が取れないとして失踪申告を出し、携帯電話の位置追跡などを通して所在を把握してイさんを発見した。

◆李洛淵氏の側近、死亡前に家族に「申し訳ない」という言葉残し…

イさんは亡くなる前に家族に「申し訳ない」という話を残していたという。その翌日である3日午後9時15分ごろ、中央地方法院近隣で見つかった。

警察はイさんが極端な選択をしたと推定して、周辺の人々に対して正確な死亡経緯の調査を始めた。ソウル中央地検は「こうしたことが発生して非常に残念で、遺族の方々に深い哀悼の意を表す」という立場を明らかにした。尹錫ヨル(ユン・ソクヨル)検察総長は2日、イさんの所在がつかめなくなった事実をイ・ソンユン中央地検長から報告を受けていなかったという。

亡くなったイさんは、オプティマス資産運用関連会社の「トラストオール」を通じて今年2~5月にソウル鍾路区(チョンノグ)の李洛淵代表選挙事務室に複合機を設置し、レンタル料金76万ウォン(約7万2300円)を代納させた容疑だ。政治資金法第31条によると、国内外法人は政治資金を寄付できない。李洛淵氏側は「地域事務所関係者が知人を通じて該当複合機を譲り受けたが、実務者のミスで名義変更が正常に行われなかった」と釈明していた。

関連報道が出てきた後、李洛淵氏は「複合機は参謀陣の知人を通じて借りてきたもので、選管委指針に従い、精算などの必要な措置に出る」とし、オプティマスとの関与疑惑とは線を引いてきた。

検察はイさんを通じてオプティマス金品授受疑惑に対する李洛淵氏の関与の可能性を捜査しようとした。検察は、李洛淵氏の選挙に関連し、イさんが資金を集める役割を担っていたのはないかと疑っていたという。だが、イさんが極端な選択をしたことにより、李洛淵代表とオプティマスの間のつながりを探る作業は困難にぶつかるものとみられる。

イさんは李洛淵氏が国会議員だった時から10年近く地方区管理などを引き受けてきた最側近の秘書官出身だ。2014年李洛淵氏が全南(チョンナム)知事党内候補時期には、権利党員2万人余りの党費代納を主導した容疑で拘束され、1年2カ月の実刑に服したことがある。2016年イさんが服役を終えて出所した後、当時全南知事だった李洛淵氏の政務特別補佐官に任命されると、道内では密室人事という批判が出た。イさんのこの人事は、李洛淵氏の首相候補時期に聴聞会でも再び議論になった。当時、李洛淵氏は「イさんの力が必要だった。報恩人事ではない」と釈明した。検察がイさんの極端な選択後にも、李洛淵氏とオプティマス間の関与疑惑を捜査するかは不透明な状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表の最側近、遺体で発見

    2020.12.04 07:03
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表
    TOP