주요 기사 바로가기

韓経:「日本を完全に抜いた」…韓国のイチゴが書いた逆転ドラマ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.03 08:01
0
2005年まで韓国のイチゴ農家ではほとんどが「レッドパール」と「章姫」を育てていた。章姫とレッドパールは日本の品種でロイヤルティーを払わなければならないが、味が優秀だったり貯蔵性が高く人気を呼んだ。忠清南道論山(チュンチョンナムド・ノンサン)のイチゴ栽培試験場で同年「雪香(ソルヒャン)」を新たに開発し市場主導権はドラマチックに変わった。2005年に85.9%だった日本品種のシェアは昨年5%台に落ちた。日本に払うロイヤルティーも急減した。

世界的な種苗戦争が本格化し、各国の種苗確保戦が激しくなっている。雪香のように優秀な品種を開発すればロイヤルティーを減らせる上、名古屋議定書批准国の拡散で他国の資源利用時の費用負担が大きく増えているためだ。

農村振興庁によると、韓国が登録した遺伝資源数は7月1日基準で32万8290件だった。植物種苗と栄養体が26万3960件で最も多かった。生畜(動物)が3万8508件、微生物が2万5540件などだ。

国同士の比較が可能な植物遺伝資源数を基準として韓国は世界5位の資源保有国と農業振興庁はみている。米国が59万6031件を保有して1位となり、インドが44万3921件、中国が44万1041件、ロシアが31万1000件と2~4位を占めた。6位の日本は22万9000件の資源を保有しているものと把握される。農業振興庁関係者は「2017年に日本を抜いてから格差を広げ続けている」と話した。

農業振興庁が遺伝資源確保に熱を上げているのは種苗による貿易赤字とロイヤルティーを最小化するためだ。2010~2019年の韓国の種苗輸出額は3114億ウォンにとどまったのに対し輸入額は6848億ウォンに達した。3000億ウォンを超える赤字が発生した。同じ期間にロイヤルティーとして支払われた金額は1357億ウォンに達する。

農業振興庁は種苗国産化によりイチゴ市場の構図を変えた「雪香」の事例を拡散する計画だ。2005年に9.2%にすぎなかった国産イチゴ種苗のシェアは雪香の普及後、現在では95%に高まった。代表的にコシヒカリなど日本品種のコメを国産に切り替える作業を進めている。

農村振興庁の許泰雄(ホ・テウン)庁長は「種苗産業の水準はその国の農業の水準。2025年までにコメの品種を100%国産化する」と話した。

名古屋議定書批准国が世界的に広がっていることも種苗確保の重要性を高める要因になっている。名古屋議定書は2010年に名古屋で採択された協約だ。生物資源を利用して各種製品を作る場合、該当製品販売で発生した収益を資源保有国に配分しなければならないということが核心だ。各種生物資源成分が含まれた化粧品やバイオ製品などまで適用対象だ。韓国は2017年に参加国し、これまでに126カ国が批准した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:「日本を完全に抜いた」…韓国のイチゴが書いた逆転ドラマ

    2020.12.03 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    許泰雄農村振興庁長(左)が韓国品種のパプリカ「ラオン」の栽培現場を視察している。[写真 農村振興庁提供]
    TOP