주요 기사 바로가기

韓国疾病管理庁長、肩の骨折で入院…就寝中にベッドから転落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.03 07:00
0
韓国新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)防疫トップである疾病管理庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長が肩を骨折して忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)のある総合病院に入院したことが分かった。

疾病管理庁は2日、「鄭庁長は現在病暇中」としながらも「具体的な情報を確認することは難しい」と明らかにした。地域医療界などによると、鄭庁長は前日、就寝中にベッドから転落して肩部位が骨折し、2~3日の入院治療が必要だという医師の所見を受けたという。鄭庁長の入院で、当面疾病庁と新型コロナ防疫関連の業務は羅聖雄(ナ・ソンウン)疾病庁次長が代行するものとみられる。

鄭庁長は今年1月、新型コロナ事態が発生した直後から中央防疫対策本部の本部長を務め、第一線で対応してきた。9月に疾病管理本部が庁に昇格し、初代庁長に抜てきされた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国疾病管理庁長、肩の骨折で入院…就寝中にベッドから転落

    2020.12.03 07:00
    뉴스 메뉴 보기
    韓国疾病管理庁の鄭銀敬庁長
    TOP