주요 기사 바로가기

BTSのJIN「兵役は当然のこと…招集あればいつでも応じる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.20 14:43
0
韓国ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバーJINが軍入隊に対して「いつであろうと考えている」と明らかにした。

20日、BTSは新アルバムの発売を控えて、ソウル東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)で『BE』カムバックグローバル記者懇談会を開いた。

この日、JINが軍入隊問題に関連して「ひとまず大韓民国青年として兵役は当然の問題と考えている」とし「いつも申し上げているように、招集があればいつでも応じる」と話した。

続いて「メンバーとよく話をしているが、兵役には全員応じる予定」と付け加えた。

BTSが最近発売したシングル『Dynamite』が韓国歌手として初めてビルボードのメインシングルチャート1位にランクインした後、メンバーの兵役問題をめぐって社会的な論争が起こった。

1992年生まれでBTSメンバーの中で入隊時期が最も近いJINは、今年2月の記者会見でも「兵役は当然の義務」という立場を明らかにしたことがある。

BTSは20日午後2時(日本時間)、新アルバム『BE』を世界同時に発表する。『BE』は新型コロナウイルス(新型肺炎)の大流行によってそれぞれが無力感を感じるいまの状況で、不安で恐怖心が先立つが「それでも克服しなくてはならない」というメンバーの複雑な感情を飾らずに歌っている。

そして7人のメンバーは、2020年という今を生きていく素直な感情や考え、さらには未来に向かって今後も歩き続けなくてはならない「私たち」という存在について語る。

タイトル曲『Life Goes On』は感性的なアコースティックギターサウンドが特徴のオルタナティブヒップホップジャンルの曲で、歌詞にはがむしゃらに走ってきたのに立ち止まるよりほかなくなり、望まない状況にぶつかりながらも「それでも人生は続く」という応援メッセージを込めた。

一方、BTSは米国現地時間22日に開催される「2020 アメリカン・ミュージック・アワード(the American Music Awards)」で『Life Goes On』ステージを初公開し、翌日の23日『Good Morning America(グッド・モーニング・アメリカ)』にも出演する予定だ。

翌月には「MelOnミュージックアワード(MMA)2020」「2020 MAMA」「SBS歌謡大祭典」など国内の年末授賞式および行事にも相次いで出演する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTSのJIN「兵役は当然のこと…招集あればいつでも応じる」

    2020.11.20 14:43
    뉴스 메뉴 보기
    韓国ボーイズグループBTS(防弾少年団)の(左から)V、JIN、JUNG KOOK、RM、JIMIN、J-HOPEが20日午前、ソウル東大門(トンデムン)デザインプラザで開かれた「BE(Deluxe Edition)」グローバル記者懇談会に出席してポーズを取っている。BTSはこの日午後2時、世界同時に新アルバム『BE』を発売する。キム・サンソン記者
    TOP