주요 기사 바로가기

トランプ氏、バイデン氏批判の反転…グーグルを掌握したのは側近の「ベッドカメラ盗み取り」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.26 11:04
0
ドナルド・トランプ米大統領は22日夜(現地時間)、最後の2回目のテレビ討論で「ジョー・バイデン前副大統領(息子ハンター・バイデン氏)がロシアで350万ドル(約3億6000万円)の投資を受け、バイデン氏は中国と合弁企業の持分10%を受けることにした」とネガティブ総攻勢を展開した。

共和党上院議員が先月公開した「ハンター・バイデン氏疑惑報告書」と側近のルディ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長が14日、ニューヨークポストを通じて公開した「ハンターのノートパソコン」の電子メールがそれぞれ根拠となった。トランプ氏は2017年設立されたベンチャー企業の代表を務めたアンソニー・ボブリンスキ氏を討論現場に呼んで「当時ハンター氏の持分20%の中で10%は『大物(big guy)』、すなわちバイデン氏のための分だと書かれた電子メールがある」と主張する会見を開いた。

バイデン氏のキャンプは「ハンター氏がロシアから投資を受けた会社を設立したことも、持分を保有したこともない」として「バイデン氏も家族のビジネスに絶対に関与したことがない」と否認したが、トランプ氏は「バイデン一家は真空清掃機のように(外国から)金を吸い込んだ」としてバイデン氏を猛烈に攻撃した。

トランプ氏は約100分間の討論でほとんど半分をバイデン氏に対するネガティブ攻勢に集中したが、ネット上の反応で意外な反転が起きた。

グーグル検索量を示すグーグルトレンドによると、テレビ討論当日である22日ハンター氏と前同業者のボブリンスキ氏関連検索は前日よりほとんど3倍以上急増した30万回を超えた。当日、グーグル全体検索ランキングにも4位入りを果たした。

フェイスブックでも討論以降ハンター・バイデン氏の事業に関する新しい掲示文が約7万件掲載された。このポストにはフェイスブックで「虚偽、または立証されていない、謝った報道の可能性がある主張」というレッテルがついた。

だが、翌日23日、直ちに「ハンター氏のノートパソコン」を暴露したルディ・ジュリアーニ氏のホテルでのベッドカメラ盗み取り映像を含んで実際にトランプ行政府の有力要人が登場するB級コメディドキュメンタリー映画『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画(Borat Subsequent Moviefilm)』が検索回数200余万件でハンター氏が20位以下に落ちた。

22日夜、討論のわずか数時間後である23日からアマゾン・プライム・ビデオを通じてオンラインストリーミングで上映を始めて関心が集中したためだ。映画は製作からワシントンポスト所有主でもあるジェフ・ベジョス氏のアマゾン・スタジオが担当した。

英国コメディ俳優のサシャ・バロン・コーヘン氏が前編に続いて主人公カであるカザフスタンのジャーナリスト、ボラット役を演じた『続 ボラット』は14年前に前編である『ボラット』とは違ってトランプ行政府の腐敗を批判した。副題から「栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」だ。

奇抜な賄賂が何かはジュリアーニ前市長が寝室で横になってズボンの中に手を入れているカメラ盗み取り映像で見せた。ジュリアーニはカザフスタンの女性記者(ボラットの娘)に偽装した女優のインタビュー要請にだまされてインタビューをした後「寝室でもっと話をしよう」という誘惑に応じた。すると直ちに女性に扮装した主人公のボラットが「私の娘は15歳しかなっていない」と大声を張り上げて現場を襲う場面だ。当時、ジュリアーニの通報で警察が出動したが、具体的な犯罪疑惑がなくて製作スタッフが処罰を受けなかったという。

ジュリアーニは映像が公開された後「不適切な行為はなかった。バイデン氏とその家族の犯罪行為を暴こうとする私の努力を傷つけようとする試み」と怒りをぶつけたが、ジュリアーニは『続・ボラット』の関連検索キーワード1位にのぼった。

『続・ボラット』以外にも2月マイク・ペンス副大統領が保守主義政治の行動委員会(CPAC)の例年会議で演説を述べていたところ、ボラットが娘とこっそりと入って「マイケル、あなたのために女を連れてきた」と叫んで追い出される場面とボラットの娘がトランプ氏の次男、エリック・トランプ氏とインタビューする場面も入ったという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ氏、バイデン氏批判の反転…グーグルを掌握したのは側近の「ベッドカメラ盗み取り」

    2020.10.26 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    映画『続・ボラット』の中で隠しカメラにだまされてベッドに横になっているルディ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長の姿。ハンター・バイデン氏のノートパソコンを暴露したジュリアーニ前市長はこのカメラ盗み取りで不適切な行為の論議に巻き込まれた。[ユーチューブ キャプチャー]
    TOP