주요 기사 바로가기

【ルポ】「私でも日本産食べない」 福島汚染水に怒る日本の漁民(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.26 09:11
0
「もともと原子力発電所はトリチウムが混ざった水を海に捨てていることをみんな知っていたのですか? われわれだけが初めて知ったのか、そうでなければみんなそうだったのか。不安でもあり、本当なのかと思ったりもします」

今月22日、宮城県漁業協同組合の寺沢春彦代表理事組合長は記者に会うなりこのように尋ねた。「海洋放出する汚染水は人体に害がない水準」という日本政府と東京電力の説明をどこまで信じたらいいのか困惑していた。一生を通じて海で仕事をしてきた寺沢さんは「すべての原発がトリチウム汚染水を排出している」という「パンドラの箱」を開いてしまったようだ。

日本政府が福島第一原電の汚染水を海に捨てることにした方針が伝えられて、最も激しく反発しているのは漁民だ。2011年東日本大震災以降、国内外に取り巻いている「放射能恐怖」を克服するためのこれまでの努力が水の泡になりかねないという懸念のためだ。福島県の真上にある宮城県はその中でも最も激しく反発している地域だ。

◆「『処理水』とだと言えば何か変わるのか。飲んでも大丈夫なら、本当に飲んでみたらいい」

寺沢さんは「汚染水を処理水だと呼べば、国民の立場からみて安心して水産物を食べることができるのか」としながら「汚染水の海洋放出は絶対してはいけない」と主張した。

特に、2022年夏になれば現在保管中の汚染水のタンク容量が一杯になるため、2年前には処理方式を決めなければならないという東京電力側の説明に強く問題を提起した。寺沢さんは「大気放出案も検討していたが、ある瞬間に消えた。技術的に知恵を集めて他の方法も探してみてほしい」としながら「海洋放出に方向を決めた状態で物事を進めるのなら受け入れがたい」と話した。

日本政府に対する強い不信も表わした。寺沢さんは「今までのように政府が隠蔽したり、透明に情報を公開して説明しないのであれば受け入れることはできない」としながら「汚染水を飲んでも大丈夫というなら、(政府が)実際に飲んでみるといい」とも話した。

23日午前5時。宮城県で4番目の規模を誇る女川港(2018年の漁獲量1万4777トン)では、サンマ漁の水揚げ作業が行われていた。今年は水温が上昇し、外国漁船も増えたため、サンマ漁の漁況が例年ほど伸びていない。

そのうえ汚染水放出決定まで伝えられ、漁民は落ち着かない雰囲気だ。福島第一原電からは約170キロメートル離れているが、宮城県は福島県と最も近いため「風評被害(誤ったうわさなどによる被害)」を懸念している。

サンマ漁船を見守っていたある漁民は「人々が放射能といえば嫌がるのは当然で、何か起きるのではないかと怖く思わないだろうか」と話した。ある販売業者は「海洋放出が始まれば、やっと回復してきた販売量が減るのは明らか」としながら「海洋放出ではなく、違う方法を探してほしい」と要求した。 【ルポ】「私でも日本産食べない」 福島汚染水に怒る日本の漁民(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【ルポ】「私でも日本産食べない」 福島汚染水に怒る日本の漁民(1)

    2020.10.26 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    今月23日午前5時、宮城県女川港でサンマ漁の漁船が水揚げ作業をしている。JTBCパク・サンヨン記者
    TOP