주요 기사 바로가기

日本の市民団体「NHKの韓国人差別助長ツイート削除」を要求

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.06 12:02
0
日本の公営放送NHKが1945年の広島原爆投下前後の状況を伝える仮想ツイートを連載し韓国人差別を助長しかねない表現を掲載したことに対し、日本の市民団体が削除を要求した。

日本メディアによると、日本の市民団体ピース・フィロソフィー・センターは5日、問題のツイートを掲載したNHK広島放送局を訪問し削除を要求する内容の抗議文を手渡した。抗議文には被爆者であるサーロー節子さん、平岡敬元広島市長ら306人が賛同した。

NHK広島放送局は1945年にツイッターがあったと仮定し、当時中学校1年生の少年が原爆投下前後の状況を伝える形式で「1945ひろしまタイムライン」という名称でツイッターアカウントを開設し3月から連載を始めた。

太平洋戦争中の1945年6月16日を仮定した少年のツイートを見ると、「朝鮮人の奴らは『この戦争すぐ終わるヨ』「日本は負けるヨ」と平気で言い放つ。思わずかっとなり、怒りに任せて言い返そうとしたが、多勢に無勢。しかも相手が朝鮮人では返す言葉が見つからない」と書かれた。

ツイートが韓国人差別という議論が大きくなったことを受けNHK広島放送局は、ツイートは被爆者の手記やインタビューに基づいて作成したもので、「戦争の時代に中学1年生が見聞きしたことを、十分な説明なしに発信することで、現代の視聴者のみなさまがどのように受け止めるかについての配慮が不十分だった」と8月24日に釈明したが該当ツイートを削除せずホームページに残しておいた。

ピース・フィロソフィー・センターの乗松聡子代表は「朝鮮人の不当性を際立たせる叙述には変わりない」として完全な削除を要求し、「投稿で恐怖感を抱いた人らに対する謝罪も、日本が朝鮮を植民地支配した加害の歴史への言及もない」と批判した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP