주요 기사 바로가기

【コラム】極右と右は違う=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.09.20 13:22
0
韓国にも真の意味で極右派がいるだろうか。しばしば過激な「アスファルト保守」、ネット右翼「イルベ」、サラン第一教会チョン・グァンフン牧師を筆頭とした極端主義プロテスタント勢力などを極右派と分類している。しかしこれらは西欧でいう一般的な極右主義とは大きくかけ離れている。概ね極右派とは極端な民族・国家主義者、反ユダヤ・反移民人種主義者を称する。歴史的にはイタリアのファシストとドイツのナチス、米国の白人国粋主義者、イスラム原理主義者などが挙げられる。

『進歩と保守の12種類の理念』(ポール・シューメーカー著)によると、極端右派は多重的共同体アイデンティティを拒否し、宗教・人種・種族などに基づいた単一な共同体に属するというビジョンを夢見る。また、自分たちの政治共同体に対する外部の人の流入を防ぐため移民に反対し既存移住者に対しても市民権と権利、サービスなどを制限すべきと考える。これらは現代の多元的社会内に多様な集団が共存する現実を嫌悪し人種主義を説明する指導者崇拝のような風習を持っている。

こうした基準で見るならば韓国では極右派は珍しいと言える。実際に韓国で人種主義者らは独自の政治勢力を作り上げてもいない。むしろ極端な「反日」を掲げる進歩・左派の民族主義性向が保守右派や極右派よりさらに強いともいえる。

厳密な意味での極右主義ではないが急進右派あるいは極端主義者といえるチョン・グァンフン牧師とサラン第一教会、そして一部保守団体は光復節の8月15日に光化門(クァンファムン)で集会を強行し途轍もない逆風を浴びた。新型コロナウイルスの再拡散に決定的な原因を提供したという非難を受けなければならなかった。これを契機に韓国では一般保守派が急進勢力と決別すべきという主張が強く起きている。

光復節集会を主催した「8・15集会参加者国民非常対策委員会」などは、10月3日の開天節にも光化門広場で集会を開くと16日に明らかにした。極右であれ急進右派であれ穏健保守であれ新型コロナウイルスが再び韓国の共同体を脅かしている現時点で開天節に反政府集会を強行するのはすぐに取り消さなければならない。集会の自由、表現の自由も重要だが、いまは防疫が最優先課題にならなければならない。これを無視して感染拡大の恐れがある大規模集会を再び都心で行うのは保守陣営だけでなく国全体にとっても共倒れ行為と変わらない。その責任は当然集会主催側が全身で抱え込まなければならないだろう。いくら政府の政策に満足していなくても今回だけは「非対面デモ」にとどまらなければならない。

韓国政府と与党も連日強い警告を送っているが、保守右派を代弁する責任ある政党である「国民の力」は非常に強力な方式で今回の開天節とハングルの日の大規模集会を防がなければならない。前回の光復節の時のような不明瞭な反対では共同責任を免れることはできない。断固とした意志を見せ死活をかけて反対すべきだ。そうしない場合に返ってくる「請求書」は覚悟しなくてはならないだろう。

これとともに保守野党はこの機会に極右なのかそうでないのか明らかではないが極端主義勢力とは完全に断絶すべきだろう。西洋で極右と一般的保守右派は完全に異なる。ドイツではいくら急でも中道右派であるキリスト教民主社会同盟が極右「ドイツのための選択肢」(AfD)とは手を組まない。得よりは失がはるかに大きいためだ。これはフランスでも同様だ。マリーヌ・ル・ペン率いる極右の国民戦線が躍進に成功したが、彼らと政治協力する右派政治勢力はない。いまは右派の分裂ではなく右派の再確立を考えてみなければならない。目の前の小さな政治的利益にこだわっていては致命打を受けるだろう。

ハン・ギョンファン/総括エディター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】極右と右は違う=韓国

    2020.09.20 13:22
    뉴스 메뉴 보기
    ハン・ギョンファン/総括エディター
    TOP