주요 기사 바로가기

【中央時評】政府負債に対する将来世代の負担を減らすには=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.17 15:23
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)によって、世界各国が第2次世界大戦以降、最悪の経済状況に直面し、政府支出と負債を増やした。国際通貨基金(IMF)は6月の報告書で今年世界政府負債が総生産(GDP)比平均19%ポイント増加して100%を超えるだろうと推定した。米国は今年の連邦政府の負債がGDPの140%に達すると予想した。

韓国はまだましなほうだ。政府負債のGDP比率がIMFの推計で今年8%ポイント上昇するが50%にとどまる。今すぐ政府負債を心配する必要はない。問題は中長期財政健全性だ。韓国経済は少子高齢化で成長潜在力は低下し、福祉支出は急増し、政府負債比率が急上昇する未来を目前に置いている。企画財政部は最近、「長期財政展望」で政府負債比率が2045年に100%に達すると予想した。4大公的年金(国民・公務員・私学・軍人年金)も軒並み赤字になり、財政負担が大きくなると予想した。

蓄積される公共負債の相当部分は今の10代、20代と今後生まれてくる世代が背負う。今は国債収益率が低くて利子負担は少ないが、未来に政府の債務返済能力を心配した投資家が政府債権を購入しなければ、利率が上昇して債務負担が大きくなる。万一、政府が新規起債を通じて負債を償還することが難しくなれば国家破産の危険も高まる。過去、世界利率が上昇する時期に、政府負債が多かった中南米国家が何度も財政危機に立たされた。韓国も未来に同じような危機に直面しないという保証はない。

財政健全性を評価する指標であるGDP比政府負債比率がどれくらいなら危険なのかは意見が分かれている。過去の事例を分析して90%を基準として提示した研究があるが、国ごとに時期ごとに基準が異なる。負債比率が高い経済も、名目GDPが速いスピードで増加すれば財政健全性に問題がない。第2次大戦直後、米国連邦政府の負債はGDPの119%に達したが、その後経済成長率が高くて1960年代初めに40%まで下落した。しかし、現在の状況は過去とは違い、経済回復が不確かだ。新型コロナを克服しても、世界金融危機以降の低成長、低物価が固定化した経済状況をほとんどの先進国がすぐに抜け出すことは難しい。

一部の学者と政治家は、中央銀行が国債を買い入れ続ければ負債比率が高くても問題なく政府負債を管理することができると主張する。日本銀行は過去25年間、国債の買い入れを続けて政府財政を支援した。景気不況とデフレ状況の中では中央銀行の国債買い入れの危険が大きくないのは事実だ。しかし、中央銀行の債券保有増加が永久的な通貨蒸発につながり、高いインフレや資産バブルを誘発する危険が存在する。為替相場が暴落し、通貨危機を迎える可能性もある。財政赤字を充当するために貨幣を乱発したベネズエラは2018年物価上昇率が93万%まで高まって生活必需品が不足し、経済が大きな混乱に見舞われたことがある。 【中央時評】政府負債に対する将来世代の負担を減らすには=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP