주요 기사 바로가기

香港証券会社「文大統領がファンドマネジャーデビュー」…ニューディールファンド批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.08 07:54
0
文在寅(ムン・ジェイン)政権の「ニューディールファンド」計画を批判する外資系証券会社の報告書が出された。韓国政府が3日に20兆ウォン規模の政策型ニューディールファンドを作るという計画を明らかにした中でニューディールファンドが資本市場のバブルを助長しかねないという懸念を提起したものだ。

香港の証券会社CLSAは7日、「文在寅大統領のファンドマネジャーデビュー」という題名の報告書を出した。この報告書は韓国政府のニューディールファンド組成計画が金融市場で資金を運用するファンドマネジャーの脅威になっていると評価した。CLSAは「税金で損失を埋めることができるファンドマネジャーと民間ファンドマネジャーがどのように競争できるか。あなたの大統領はあなたのライバル」と表現した。

CLSAは韓国政府がニューディールファンド組成を通じ「一石二鳥」の効果を狙うと分析した。▽市中の豊富な流動性を不動産市場から株式市場に移して不動産価格を引き下げ、▽ニューディールファンド投資家に利益を提供し票を得ようするとの主張だ。CLSAは「モラルハザードを助長するもの」と指摘した。

CLSAはまた、韓国取引所が作ったニューディール指数に含まれる企業は恩恵を受けるがニューディールファンドから疎外された企業は敗者になると主張した。韓国取引所は7日に「KRX BBIG K-ニューディール指数」を公開した。バッテリー(二次電池)、バイオ、インターネット、ゲームのBBIGと呼ばれる4業種の指数にBBIG関連株を総合した指数を含めた5種類だ。

CLSAは「すでに熱いBBIG関連株に油を注ぐ方式で行われる政府の市場介入に驚いた。韓国政府が大きなバブルを助長するのを先導する格好」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    香港証券会社「文大統領がファンドマネジャーデビュー」…ニューディールファンド批判

    2020.09.08 07:54
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP