주요 기사 바로가기

【コラム】自主国防と経済性の両方を確保する韓国型戦闘機事業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.07 10:48
0
韓国型戦闘機「KF-X」システムの開発企業である韓国航空宇宙産業(KAI)は3日に総組み立て過程を始めた。操縦席から電子装備、着陸装置、エンジンなどをすべて装着したKF-Xは来年初めにその姿を現すだろう。名実ともに国産戦闘機の実体が一歩近づいたのだ。

「韓国の超音速航空機開発日程に合わせるのは不可能だ」。1990年代末にT-50超音速訓練機を開発する過程で米ロッキード・マーチンの技術者が韓国側にした話という。当時韓国は先進国に比べ経験と技術が不足していた。資金と日程もぎりぎりで、開発目標と推進体系を確定することも難しい状況だったため、とんでもない言葉ではなかっただろう。だが必ず成功させなければならないという使命感と革新DNAを加えてT-50を開発した。その後韓国空軍だけでなく世界のさまざまな国の空軍力向上に貢献している。

いまそのバトンをKF-Xが受け継いだ。KF-Xは現在の韓国の主力戦闘機であるF-16の性能を上回る。同クラスの世界市場で堂々と競える水準だ。初期には核心技術不足で成功の可能性は低いという懸念があった。しかし試作機の完成度が上がり、むしろ 「大ヒット商品」としての期待感が大きくなっている。

北東アジアの安全保障が激変する中で最新戦闘機を基盤とした適切な水準の空軍力は自主国防の必須要素だ。こうした戦力確保と維持には大きな経済的負担が伴う。F-35のようにやむを得ず購入しなければならない最上位級戦闘機もある。これとともに経済的効果を上げられる高性能国産戦闘機の適切な組み合わせが必要だ。

KAIは800人を超える新規開発人材をKF-X事業に投じた。部品・装備を開発する500社余りの企業を合わせれば雇用創出規模は相当だ。国内開発だから可能なことだ。

現代の戦闘機は寿命を終えるまで何回もアップグレードされる。この時、事業費がすべて外国に流れるか、国内で拡大再生産されるかは、韓国が開発した飛行機か否かによって決まる。それだけKF-Xの成功は韓国の航空宇宙産業発展と自主国防能力確保に重要だ。

厳しい環境でも防衛事業庁と産業体・研究機関などは最善を尽くして努力した。当初目標にしていた里程標に無事到着した。次の里程標までは大小の難関が待っているだろう。いままでそうしてきたようにいずれも最善を尽くして克服するだろう。KF-Xの成功を祈る。

チェ・ギヨン/仁荷(インハ)大学航空宇宙工学科教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】自主国防と経済性の両方を確保する韓国型戦闘機事業

    2020.09.07 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    KF-X試製1号機の最終組み立て写真 [写真=防衛事業庁提供]
    TOP