주요 기사 바로가기

韓国気象庁「台風10号、東に経路変更…韓半島を貫通しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.05 12:53
0
「超強力級」として国民を緊張させている台風10号の予想経路が当初より東側に移っている。このため韓国に上陸せず、東海岸側を通過しながら影響を与えると予想される。

韓国気象庁によると、台風10号は5日午前9時を基準に沖縄の南東側510キロ付近の海上を非常に強い勢力に発達しながら北北西に進んでいる。中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速は「非常に強い」水準の秒速53メートルで、強風半径450キロ、暴風半径180キロ。

当初、韓半島(朝鮮半島)に上陸すると予想されていた台風10号は、7日に東海岸をかすめて北進するとみられる。気象庁はこうした経路が現在の時点で可能性が最も高いと説明した。前日、台風10号は7日に韓半島を貫通する可能性が高いと予想されたが、経路が東側に移動しながら予想進路が大きく変わった。

台風10号が韓国に接近する時点には西側の空気の影響を大きく受け、進行経路が東側にさらに移動すると分析される。ただ、日本列島を通過する過程などで今後の経路と強度が変わる可能性があるという。

台風10号は北上する過程で高水温海域を通過しながら5日午後に秒速54メートル以上の「超強力」台風に発達すると予想される。しかし6日以降は台風の勢力が弱まり、韓国に接近する頃には「非常に強い台風」と「強い台風」の中間程度になり、韓国付近を通過する頃には勢力がさらに弱まる可能性が高い。

気象庁の関係者は「東側に進路を移動するとしても、韓国に接近する頃の強度は『非常に強い台風』または『強い台風』の段階で全国が影響圏に入り、特に台風の中心と近い東部地方はより大きな影響を受けると予想されるため、徹底的な事前対応が求められる」と注意を呼び掛けた。

台風の強度は中心付近の最大風速を基準に秒速25メートル以上~33メートル未満は「中」、33メートル以上~44メートル未満は「強」、44メートル以上~54メートル未満は「非常に強い」、54メートル以上は「超強力」に分類される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP