주요 기사 바로가기

韓半島貫通予想の台風10号、日本の近くの海上を北上中…「猛烈な台風」に発達

ⓒ 中央日報日本語版2020.09.04 10:34
0
7日ごろに韓国に上陸すると予想されている台風10号「HAISHEN(ハイシェン)」が日本の近くの海上を北上中だ。

韓国気象庁は4日午前3時基準、台風10号が沖縄の南東約1000キロメートル付近の海上を時速14キロメートルの速さで西北西に進んでいると明らかにした。台風の中心気圧は950ヘクトパスカル、強風の半径は390キロメートル、最大風速は「強い」水準の秒速43メートルだ。

台風10号は4日午後ごろに非常に強い台風に発達し、5日には最大風速が猛烈な台風に近い秒速53メートルに達することが予想される。猛烈な台風は中心付近の最大風速が秒速54メートル以上の台風だ。

現在の移動経路通りに進めば、7日に韓国南海岸の近くに上陸し、大邱(テグ)や春川(チュンチョン)周辺など韓半島(朝鮮半島)の中央を南から北に縦断した後、中国に進む可能性が高い。気象庁は韓国が6日から台風10号の間接影響圏に徐々に入ると予想している。

気象庁関係者は「台風10号が韓国に近づくとき、高水温海域を経由して強い台風に発達して韓国に影響を与える可能性が高い」とし「ただし、具体的な経路は日本列島を経由するのかどうかによって変動が生じることがある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓半島貫通予想の台風10号、日本の近くの海上を北上中…「猛烈な台風」に発達

    2020.09.04 10:34
    뉴스 메뉴 보기
    台風10号の様子(写真右側)。[写真 韓国国家気象衛星センター]
    TOP