주요 기사 바로가기

王毅中国外交部長、チェコ共和国上院議長の台湾訪問批判

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.31 16:09
0
王毅中国外交担当国務委員兼外交部長がチェコ共和国の上院議長の台湾訪問について大きな対価を支払うものと強く批判した。

中国新聞網などによると、王毅国務委員は30日、フランス訪問日程を終えてドイツに到着し、ミロシュ・ビストルチルチェコ上院議長の台湾訪問について、このような立場を明らかにした。

王毅国務委員は「台湾は分割できない中国領土の一部」とし「台湾問題に関して1つの中国の原則に挑むならば、14億の中国人民を敵に回すだろう」と強調した。

続けて「(チェコ上院議長の台湾訪問は)国際的な裏切り行為」とし「今回の台湾訪問は公開的な挑発で、その背後には反中勢力がある」と指摘した。また「中国政府と中国人民は絶対に今回のことを放置したり座視したりしない」とし「必ずビストルチル議長の近視眼的な行動に対し大きな対価を支払うことになる」と警告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP