주요 기사 바로가기

韓国光復会会長「親日清算を要求することが『真の保守』…米国と韓国は同盟国ではない」

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.19 10:34
0
金元雄(キム・ウォヌン)光復会長が18日、「我が国で保守を自任している人々は、日本の肩を持ち米国の肩を持つが、これは『偽りの保守』」と批判した。

金元雄氏はこの日、慶南道(キョンナムド)議会大会議室で開かれた歴史招待講演で「民族主義を掲げて親日清算を要求する光復会が『真の保守』」と主張した。

あわせて「親日・民族反逆者を保護することが保守なら、売国奴の李完用(イ・ワンヨン)が保守の元老」とし「それでは李完用死亡日に未来統合党は追悼式をしなければならない」と話した。

続いて「我が国は米国によって分断され、分断されたせいで韓国戦争(朝鮮戦争)をしたので、戦争の構造的原因は米国にある」としながら「米国と韓国は同盟国でない」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP