주요 기사 바로가기

【コラム】また登場した「積弊、親日派」フレーム=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.14 11:39
0
与党側「共に市民党」の比例代表で当選した尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯理事長が、国会に入る前から厳しい状況を迎えている。尹美香氏は戦争性的奴隷制の問題点を世界に知らせるのに大きな役割をした。



30年間ほど現場で苦労してきた彼女が汝矣島(ヨイド、国会)に進む道は順調に見えた。しかし彼女と同苦同楽した李容洙(イ・ヨンス)さんが予期せぬ発言をした。李さんの狙撃は響いた。

尹氏は12日、自身と家族、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」に対する疑惑の提起に「6カ月間にわたり暴き立てられたチョ・グク前法務長官を思い出す」と言った。そして「未来統合党と親日メディア親日学者に堂々と対抗する」と強調した。田麗玉(チョン・ヨオク)元議員は「女子チョ・グクが登場した」と皮肉った。「女子チョ・グク」という言葉に100%同意するわけではないが、尹氏がチョ前長官に言及した時、昨年の混乱状況が思い浮かんだ。自身を攻撃する人たちに「積弊・親日」のフレームをかぶせて支持者を結集させ、国を分裂させて対決に向かわせた姿だ。

ある市民団体は13日、尹氏と正義連の李娜栄(イ・ナヨン)理事長を横領、詐欺など疑いで告発した。実際、どんな問題があったのかは検察で明らかになるはずであり、尹氏は誠実に取り調べに応じなければいけない。

ところが尹氏はこの問題を親日と反日フレームに向かわせた。チョ・グク前長官は『反日種族主義』の著者、李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大名誉教授を「売国、親日」と批判した。普段から意見が異なる人たちにこのような表現をしたチョ前長官だ。

重要なのはチョ前長官も尹氏も検証から自由でない公職者という点だ。進歩学者として、市民団体の活動家として活躍する時の言動は大きな問題にはならなかった。しかし趙前長官は指名職公務員の最高の地位に立ち、尹氏は選挙区議員でなく比例代表だ。それだけに検証はさらに厳しくなければいけない。こうした過程は長官任命前、比例代表選定前に行われるべきだった。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)と与党がその責務を怠ったためメディアや市民団体が動き出したのだ。

にもかかわらず趙前長官や尹氏は批判勢力に対してひとまず「積弊、親日派」と一線を画する。指摘の内容を省みようともしない。すでに我々の社会の執権勢力になったが、依然として親日既得権勢力から迫害を受ける被害者のように行動する。

尋ねたい。チョ前長官をめぐる疑惑に反発した進歩の人たち、尹氏と正義連の問題を指摘した李容洙(イ・ヨンス)さんに対してはどう批判するのか。慎重でない高位公職者の言動は国論の分裂をもたらすという事実を忘れてはいけない。

イ・ガヨン/社会第1チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】また登場した「積弊、親日派」フレーム=韓国

    2020.05.14 11:39
    뉴스 메뉴 보기
    慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん、チョ・グク前法務長官
    TOP