주요 기사 바로가기

「韓国企業、魅力ない」…海外企業の買収合併ラブコール激減

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.14 09:29
0
ことし上半期の外国企業の韓国企業の買収合併(M&A)が、最近5年間で最も低い水準に減少した。韓国の高い規制の障壁と低い市場性のためという分析が出ている。

13日の公正取引委員会によると、上半期の外国企業による国内企業のM&Aは10件で、前年同期(19件)の半数の水準に減少した。企業結合の規模(金額)も4000億ウォン(約360億円)で、1年前(3兆7000億ウォン)の10分の1水準に縮小した。最近5年間で最も低かった。欧州連合(2件)、中国(2件)、米国(1件)の企業が韓国企業を買収したことが分かった。

韓国企業に対する外国企業からのラブコールが減った背景には、韓国企業の成長の可能性が消えたという判断がある。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「最近5年間を振り返ってみると、第4次産業など新しい産業群で魅力的な韓国企業がほとんど誕生していない」とし「革新や成長の可能性のある企業が韓国にあると判断しなかったということ」と述べた。

国内市場での外国企業間の結合も減少した。ことし上半期の外国企業間の結合は58件で、1年前(60件)より3.3%減少した。金額(129兆5000億ウォン)も最近5年間で最も低い水準を記録した。昨年(56兆ウォン)より30.2%減少した。

ことし上半期に国内企業が買収者になり行われた企業結合は合計356件(18兆8000億ウォン)だった。件数・金額とも増えた。事業構造再編などの意味のある系列会社間の企業結合は3兆5000億ウォン減少したが、成長動力の確保等のための非関連会社との結合は9兆6000億ウォン増えた。

資産5兆ウォン以上の企業集団(大企業)による結合(105件)は全体(356件)の3分の1ほどを占めた。このうち、非系列会社の企業結合件数は75件で、前年同期比28件増加した。

大企業の系列会社間の企業結合(30件)は例年の水準に回復した。系列会社間の企業結合は、企業の所有・支配構造改編のための持株会社への転換と循環出資の解消などの過程で発生する。チュ・ウォン室長は「系列会社間の企業結合は買収合併を通じた相乗効果ではなく、コスト削減効果にとどまる」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP