주요 기사 바로가기

韓経:韓国「世界1位製品」7品目で3位…日本と同数に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.14 08:42
0
韓国企業のグローバル首位の品目が昨年同様7品目を維持し、4分野で1位の座を奪われた日本と合同3位となった。中国の情報技術(IT)企業の猛追により韓国企業のランキングを維持が困難になるという懸念も出ている。

日本経済新聞が13日に発表した「2019年の主要商品・サービスシェア調査」で、韓国はスマートフォン、DRAM、OLED(有機EL)パネル、NAND型フラッシュメモリー、薄型テレビ(以上、サムスン電子)、大型液晶パネル(LGディスプレイ)、造船(現代重工業)の7品目で世界シェア1位を占めた。

2016年以来4年連続で7品目の「世界1位」を維持した。日本はCMOS(相補金属酸化膜半導体)イメージセンサー(ソニー)、自動二輪(ホンダ)、デジタルカメラ(キヤノン)などの7品目で1位だったが、中小型液晶パネル(中国BOE)、リチウムイオン電池向け絶縁体(上海中国エネルギー)、発電用大型タービン(米国GE)、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセット(米国フェイスブック)の4部門で首位の座を奪われた。日本経済新聞が2006年から主要商品やサービスシェアの調査を始めて以来、韓国の1位品目数が日本と同数になったのは初めてだ。

2012年までは韓国よりも1位の品目が少なかった中国は、携帯電話の通信基地局(ファーウェイ)、パソコン(レノボ)、監視カメラ(ハイクビジョン)など12品目で世界1位を占め、初めて日本を抜いて総合2位に上がった。米国はM&A(ゴールドマン・サックス)、クラウドサービス(マイクロソフト)、サーバー(デルテクノロジー)など25部門の1位を占め、圧倒的な世界1位を維持した。

韓国の世界1位の7品目中5品目がサムスン電子の製品だった。サムスン電子は、タブレット端末、スマートウォッチ、CMOSセンサーで2位、冷蔵庫で4位、洗濯機と携帯電話の通信基地局で5位となり、74品目中11品目で5位以内に入った。DRAM(サムスン電子、SKハイニックス)とOLEDパネル(サムスン電子、LGディスプレイ)、薄型テレビ(サムスン電子、LGエレクトロニクス)、造船(現代重工業、大宇造船海洋)の4分野は、韓国企業が世界1、2位を席巻した。世界市場5位圏内でも韓国企業の善戦が続いた。LG化学は偏光板2位、LGディスプレイは中小型液晶パネル4位、LGエレクトロニクスは洗濯機で4位、家庭用エアコンで5位だった。現代自動車とポスコ、農心も各分野で5位を維持した。

中国の猛追により来年も1位の品目数を維持できるかは断言し難い状況だ。スマートフォン市場では、中国のファーウェイ社が4-6月期に初めてサムスン電子を抜いて世界1位を占めた。大型液晶パネルもLGディスプレイ(24.0%)と中国BOE(20.7%)の格差が昨年9%ポイントから3.3%ポイントまで縮まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP