주요 기사 바로가기

テスラ除く世界自動車企業が不振…現代・起亜は内需で善戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.31 16:42
0
グローバル自動車企業が今年上半期、最悪の成績表を受けた。特に新型コロナウイルスの感染拡大で経済封鎖措置を取った米国・欧州自動車企業の業績が大きく悪化した。

ルノーは30日(現地時間)、今年上半期に72億9000万ユーロ(約9000億円)の純損失が発生したと公示した。これは過去最悪だ。カルロス・ゴーン前CEOの事件以降、日産などとの同盟に亀裂が生じて経営状況が悪化したうえ、新型コロナの影響で販売が急減したからだ。ルノーは上半期の純損失のうち48億ユーロは日産の損失だと明らかにした。

米自動車企業フォードはこの日、4-6月期に19億ドル(約2000億円)の営業損失を出したと発表した。これに先立ちGMは29日、4-6月期の営業損失を5億360万ドルと明らかにした。フォードがGMより損失規模が大きい理由は欧州の比率が大きいからだ。一方、GMは中国の比率が大きい。GMは中国が新型コロナの衝撃から早期に回復したことで、売上の損失をカバーできたと明らかにした。

ドイツのプレミアムブランドも赤字を免れなかった。メルセデスベンツを傘下に持つダイムラーは23日、4-6月期の業績発表で売上高302億ユーロ、純損失19億600万ユーロと明らかにした。4-6月期の販売台数は87万台と、前年同期比で19%減少した

フォルクスワーゲンは今年に入ってグローバル自動車販売1位をトヨタに明け渡した。上半期の販売台数は前年同期比27.4%減の389万台だった。30日の業績発表で上半期の売上高は961億ユーロと、前年同期比23.2%減少し、営業損失は8億ユーロと明らかにした。

トヨタは新型コロナ事態の中でも416万台を販売し、フォルクスワーゲンを抜いて6年ぶりにグローバル1位になった。しかし販売台数は前年同期比21.6%減少した。国内では善戦したが、輸出が急減した。

内燃機関中心のグローバル自動車企業が不振の中、電気自動車企業テスラだけが好調だった。テスラの4-6月期の売上高は60億ドル、純益は1億400万ドルだった。売上高は前年同期比5%減少したが、市場の予想(53億ドル)を上回るアーニングサプライズとなった。

現代車はテスラに次いで2番目に善戦した自動車企業に挙げられる。現代・起亜車は上半期のグローバル市場で275万台を販売した。前年同期比20.9%減少したが、国内市場はむしろ増加した。利益を出したのもテスラを除いてグローバル企業で唯一だ。

ハイ投資証券のコ・テボン・リサーチセンター長は「今年は商品性が良い新車が多かった」とし「米国・欧州は経済封鎖でディーラーシステムが崩れたが、現代・起亜車は直接販売方式という点も国内で善戦した理由」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP