주요 기사 바로가기

ボルトン氏「10月のサプライズはトランプ-金正恩間の第4回米朝会談」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.30 15:35
0
ジョン・ボルトン前米ホワイトハウス国家安保補佐官が「10月のサプライズ」は米朝間の第4回首脳会談だと予測した。

ボルトン元補佐官は28日(現地時間)、ニューヨーク・デイリーニュースに掲載された寄稿文で、米国の大統領選挙直前の10月にドナルド・トランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に会う可能性を既成の事実とした。

ボルトン元補佐官は「10月のサプライズとして第4次トランプ-金正恩首脳会談が開かれるということを疑う人がいるか」と反問した。大統領選挙100日余りを控えた時期にヒューストン駐在の中国総領事館の閉鎖を決定したトランプ大統領がもう一つのイベントとして10月に金委員長との会談を準備するというのが、ボルトン氏の予想だ。

ボルトン元補佐官は、北朝鮮の核の脅威と関連して執権序盤に「炎と怒り(Fire and fury)」という美辞麗句まで用い、強力な対朝制裁を強調したトランプ大統領が3度も米朝首脳会談を行った事実を述べた。すでに第3回首脳会談まで行ったトランプ大統領が11月3日の大統領選挙で勝つために再び哲学や原理なく金委員長に会うイベント的な会談を開く可能性を示唆した。

ボルトン氏は「3度のトランプ-金正恩間の首脳会談が失敗し、今は会談の進展は何もない」とし「トランプ大統領は政策や原則によって行動するよりも再選に成功することにばかり集中している」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ボルトン氏「10月のサプライズはトランプ-金正恩間の第4回米朝会談」

    2020.07.30 15:35
    뉴스 메뉴 보기
    ジョン・ボルトン氏
    TOP