주요 기사 바로가기

韓国軍初の通信衛星「アナシス2号」打ち上げ…世界10番目に軍事衛星確保

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.21 07:40
0
韓国軍の初の専用通信衛星「アナシス(Anasis)2号」が米フロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地から打ち上げられた。米国の民間宇宙探査企業スペースXは20日(現地時間)、アナシス2号が「ファルコン9」ロケットに搭載されて宇宙へ向かったと明らかにした。

アナシス2号は発射から約32分後、高度約630キロ地点でファルコン9から正常に分離し、さらに約18分後(発射から約50分後)にはフランスのツールーズ衛星管制センター(TSOC)と最初の交信をする予定だ。TSOCは衛星が打ち上げられてから目標軌道に到達するまでの過程で衛星の状態を監視し、受信した情報を分析する。静止軌道(約3万6000キロ上空)に無事に到着すれば、世界で10番目に専用軍事衛星を確保する国となる。2014年に事業に着手し、約7年間で成し遂げた成果だ。これで韓国軍は情報処理速度、電波妨害対応機能、通信可能距離などを向上させることになった。

アナシス2号は、韓国軍がF35Aステルス戦闘機を導入する代わりにロッキードマーチン社から反対給付を受けるという契約で、エアバス社が「ユーロスターED3000」衛星を基盤に製作した。エアバスも地上局との交信を通じてアナシス2号本体のシステムなど全般的な状態が良好かどうか点検する一方、目標軌道に無事に到着するかを確認する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍初の通信衛星「アナシス2号」打ち上げ…世界10番目に軍事衛星確保

    2020.07.21 07:40
    뉴스 메뉴 보기
    韓国軍の初の専用通信衛星「アナシス2号」を搭載した「ファルコン9」ロケットが21日午前、米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地で打ち上げられた。写真は発射前。[写真 防衛事業庁提供]
    TOP