주요 기사 바로가기

東京286人新規感染に白旗あげた日本政府、「Go To キャンペーン、東京は除外」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.17 08:21
0
16日、東京で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に新たに286人が感染したことが確認され、日本政府が「22日から始める観光需要喚起策『Go To Travel(Go Toキャンペーン)』から東京は除く」と発表した。

この発表の前日、小池百合子東京都知事は「現在の感染状況を踏まえると、実施の時期であるとか、その方法などについては、改めてよくお考えをいただきたい」として政府に再検討を要請していた。

NHKなど日本メディアによると、赤羽一嘉国土交通相は16日午後、首相官邸で開かれた記者会見で「現下の感染状況に鑑み、東京都を目的としている旅行、また東京都に居住する人が外に出る旅行を対象から外す」と話した。

しかし「宿泊旅行業界また旅行者双方に具体的な感染拡大防止策を求めた上で、7月22日から事業を実施する」とし、キャンペーン自体は予定通りに強行することを明らかにした。16日の東京のコロナ新規感染者は286人で、最多記録だった10日の243人を超えた。8日連続で1日当たり100人以上の感染者が確認され、最近一週間、東京だけで1360人余りが陽性判定を受けた。

「Go Toキャンペーン」は新型コロナウイルス(新型肺炎)で沈滞に陥った日本観光業を復興の手がかりとするために、日本政府が1兆7000億円の予算を投じて推進する政策だ。日本国内旅行者に1泊2日基準で2万円(約24万ウォン)を上限として旅行経費の半分を国家が負担する。

だが、最近感染者が急増しながら「第2波」が発生しているとの懸念が出ると、ネット上では「『Go To Travel(トラベル)』ではなく『Go To Trouble(トラブル)』になる」という批判も出ている。

地方自治団体長の反対も続いた。吉村洋文大阪府知事は「全国的なGo To キャンペーンは今やるべきではない」と話した。花角英世新潟県知事も「もう少し柔軟性を持たせ、段階を付けて順次開いていく方法もあるのではないか」と提案した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京286人新規感染に白旗あげた日本政府、「Go To キャンペーン、東京は除外」

    2020.07.17 08:21
    뉴스 메뉴 보기
    5月1日、東京の代表的な観光地「浅草寺」の雷門の様子。普段は国内外の観光客で混み合う場所だが、新型コロナ感染拡大の影響で市民は外出を自粛をしていることから閑散としている。ユン・ソルヨン特派員
    TOP