주요 기사 바로가기

テスラ・モデル3、韓国で電気自動車販売1位に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.07 11:18
0
今年上半期の韓国国内の電気自動車(EV)販売1位はテスラ・モデル3だった。昨年11月に国内に登場したモデル3は、過去数年間にわたり上位を占めた現代・起亜車の電気自動車を一気に抜いてトップに立った。新型コロナウイルスの感染拡大で米国工場がシャットダウンし、供給が円滑でない状況の中で出した成果という点で注目される。当初、業界は今年のテスラの販売台数を約1万台と予想したが、この傾向なら販売2万台を達成する可能性がある。

カーイズユーのデータ研究所が国土交通部の新車登録データに基づいて集計した資料によると、モデル3は上半期に6839台売れた。2位は現代車コナ(4078台)、3位はポーター2エレクトリック(3530台)だった。前年同期の販売1-3位はコナ(7502台)、ニロ(3809台、起亜車)、ボルトEV(1649台、シボレー)だった点を考慮すると変化が大きい。2018年上半期にはアイオニック(4538台、現代車)、ボルトEV(2759台)、コナ(1234台)が1-3位だった。新車の登場によって順位が動くということだ。

テスラの人気の要因はいくつかある。まずは、自動運転技術として評価されるオートパイロット機能、電気自動車専用プラットホームなど革新のアイコンとなったテスラに対する消費者の愛情だ。また、現代・起亜車など競合他社が電気自動車専用プラットホームをまだ出していない間、テスラが国内市場で事実上独占的な地位を確保したという点も要因だ。

キム・ピルス大林大学自動車学科教授は「テスラが完成度が高くて価格性能比を備えたモデル3を出し、韓国市場でも事実上の独走体制を整えた」とし「普及型SUVモデルYが登場すれば国内消費者はさらに速いペースで増えるはず」と述べた。

近いうちにテスラの販売にブレーキがかかるという見方もある。イ・ホグン大徳大学自動車学科教授は「テスラの消費者は盲目的な崇拝層とコンプレイン(不満顧客)層に分かれる。まだ崇拝層が多いが、1万台以上売れればコンプレイン層が今よりはるかに増えるはず」とし「特にオートパイロット使用中に事故で周辺車両に被害を与えるおそれがある点はテスラが持つ最も大きなリスク要因」と指摘した。

上半期に国土交通部に登録された電気自動車は2万2080台と、前年同期(1万7379台)比で27%増加した。2018年上半期の登録台数(1万1852台)と比べると倍近く増えている。

テスラ・モデル3の善戦を受け、電気自動車全体で輸入車が占める比率が大きく増えた。輸入車は8745台で全体の39.6%。昨年上半期は輸入車の比率が16.5%だった。9月にルノーサムスンが欧州で最もよく売れた電気自動車ZOEを出せば、下半期には輸入車の比率がさらに高まると予想される。

現代・起亜車は来年、電気自動車専用プラットホーム(E-GMP)を採用した新車3モデルでテスラを追撃する計画だ。プロジェクト名はそれぞれNE(現代車)、CV(起亜車)、JW(ジェネシス)。すべてCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)で、車級とデザインは年初にルノーサムスンが出したXM3と似ている。

韓国投資証券のキム・ジンウ首席研究員は「今年のテスラの成長は、これまで凝縮されていた需要が一度に爆発した側面が大きい」とし「来年は現代・起亜車が出すE-GMP電気自動車3モデルをはじめ、グローバル企業が電気自動車専用プラットホームを出す計画であり、今年とは違う様相が展開されるだろう」と話した。

◆今年1年間のテスラ補助金だけで2500億ウォン予想

業界の予想通りテスラが今年、電気自動車2万台販売を達成する場合、政府・自治体の補助金は約2500億ウォン(約225億円)に達する見込みだ。モデル3の補助金は1台あたり1300万-1400万ウォン水準。今年の政府の電気自動車普及目標は6万5000台だったが、新型コロナなどで供給が遅れれば4万台ほどにとどまると予想される。テスラが2万台の販売を達成すれば、政府の支援金の半分を占めるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    テスラ・モデル3、韓国で電気自動車販売1位に

    2020.07.07 11:18
    뉴스 메뉴 보기
    昨年末に韓国で販売が始まったテスラの普及型モデル「モデル3」。[写真 テスラコリア]
    TOP