주요 기사 바로가기

韓国統一長官候補「韓米ワーキンググループと我々がすることを区分」…南北協力を独自で?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.07 08:33
0
韓国の李仁栄(イ・インヨン)統一部長官候補が6日、韓米ワーキンググループに関連し「ワーキンググループを通じて我々ができることと、我々が自ら判断してできることを区分すべきだというのが普段の私の考え」と述べた。

李候補はこの日、人事聴聞会の準備のためにソウル鍾路区三清洞(チョンノグ・サムチョンドン)南北会談本部に初めて出勤する際、記者らに対し「その問題(国際社会の対北制裁)は我々に創造的な接近を要求する」とし、このように明らかにした。また「制裁自体が目的ではなく、それも一つの道といえば道であり、それを通じて最終的に到達しようとするのは韓半島(朝鮮半島)の平和問題」と話した。

韓米ワーキンググループが協議する事案と独自で判断する事案を区分するのは、李候補だけでなく第2期外交安保ラインが共有する認識とみられる。対北朝鮮制裁の中でも南北交流協力を積極的に模索するという趣旨と解釈される。これを受け、韓米協議事案と韓国の独自判断事案をめぐり両国が共感できるかどうかが韓米関係のカギとなる見通しだ。韓米ワーキンググループは、北朝鮮が非難した韓米間の対北朝鮮制裁協議体。

李候補は「長官に任命されれば南北が平和と統一に向かう烏鵲の橋を作らなければならない。踏み石を一つ確実に置く」とし「最初の踏み石を置けば、冷めた対話の雰囲気を復元する過程に入らなければいけない」と説明した。また、人道的交流と協力、南北の従来の合意の履行をそれぞれ2つ目、3つ目の「踏み石」に挙げた。李候補は最近、北朝鮮が軍事的行動を暗示したことに対し「いかなる場合も軍事的な緊張を招きかねない行動は決して望ましくない」とし「いかなる場合も南北間と米朝間の対話が途切れず持続するのが望ましいという立場を堅持しなければいけない」と述べた。

李候補は「政治が持つ長所の一つは想像力」とし「想像力の自由と意思疎通をいつもできる機会を基礎に、南側でふさがったもの、北との関係の中でふさがったものを突破し、このような過程で臨んでみたい」と話した。

朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長候補と李候補の人事聴聞が問題なく終われば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新しい外交安保ラインが本格的に稼働する。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長はこの日、業務を開始した。

「徐薫-朴智元-李仁栄」ラインは第1期ラインに比べて北朝鮮向けの編成であるだけに、対米外交の弱化を防ぐのが新たな外交安保ラインの課題になった。通商分野の外交官だった鄭義溶(チョン・ウィヨン)前安保室長の代わりに南北関係を重視する朴智元候補、李仁栄候補が登場したからだ。

共に民主党の重鎮議員は「第1期の青瓦台参謀陣には北を正しく知る専門家がいないのが問題だったなら、今後は米国と意思疎通することが相対的に重要になった」とし「金鉉宗(キム・ヒョンジョン)安保第2次長やチェ・ジョンゴン平和企画秘書官への注文が増えるだろう」という見方を示した。金次長は昨年、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との葛藤などで非難を受けたが、今年に入ってからは外部露出を避けながら活動している。文大統領の信頼も相変わらずだ。チェ秘書官は5月10日の文大統領の就任3周年特別演説で登場した「人間安保」概念を青瓦台に持ち込んだ当事者として知られている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国統一長官候補「韓米ワーキンググループと我々がすることを区分」…南北協力を独自で?

    2020.07.07 08:33
    뉴스 메뉴 보기
    李仁栄(イ・インヨン)統一部長官候補
    TOP