주요 기사 바로가기

韓国通商交渉本部長、WTO事務局長に出馬表…韓国で3回目の挑戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.24 06:52
0
産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が世界貿易機関(WTO)事務局長選に出る。韓国人では3回目の挑戦だ。

23日産業部によると、兪氏は24日、政府世宗(セジョン)庁舎で記者会見を行って公式出馬を宣言する計画だ。

これに先立ち、韓国はWTO事務局長候補を2回出した。1994年キム・チョルス元商工資源部長官と2013年朴泰鎬(パク・テホ)外交通商部通商交渉本部長が挑戦したが、当選することはできなかった。

現在、メキシコのヘスス・セアデ外務次官(北米担当)、ナイジェリア出身のワクチンと予防接種のための世界同盟(GAVI)理事長ヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏、エジプトの外交部出身弁護士ハミド・マムドゥ氏、モルドバのトゥドル・ウリアノブスキ元駐ジュネーブ大使が立候補した。立候補受け付けは翌月8日までだ。

WTO事務局長は加盟国164カ国の合意を経て選ばれる。WTO加盟国間協議過程で支持率が最も低い候補者を脱落させる過程を繰り返した後、単一候補者を全会一致で絞り込む方式だ。

次期事務局長は95年発足以来、最大の危機を迎えたWTOの役割を回復させるべき重大な任務を担うことになる。現在、WTO内外で紛争解決システムが麻ひする恐れもあるという懸念の声が高まっている。WTO紛争の最終審を担当する上訴機関の上訴委員2人が昨年任期を終えたが、米国が委員選任をボイコットしているからだ。現在のブラジル出身のロベルト・アゼベド事務局長が任期1年を残して先月突然辞意を表明したのもこのような状況と関係があるといえる。

韓国政府内外では韓国が新型肺炎の防疫模範国として位置づけられているため勝算があるという見通しがささやかれている。当選する場合、「自由貿易の守護者」と呼ばれるWTO首長を引き受ける初めての韓国人になる。

兪氏は95年通商産業部が選抜した最初の女性の通商専門家だ。2018年1月通商交渉室長に任命され、産業部で初めて女性次官級公務員になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国通商交渉本部長、WTO事務局長に出馬表…韓国で3回目の挑戦

    2020.06.24 06:52
    뉴스 메뉴 보기
    韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長[写真 産業通商資源部]
    TOP