주요 기사 바로가기

金与正氏のビラ警告の翌日…北朝鮮「南北共同連絡事務所を廃止」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.06 12:55
0
北朝鮮統一戦線部が5日、「最初の順序として、何もせずに開城(ケソン)工業地区に入っている南北共同連絡事務所から撤廃する」と明らかにした。

統一戦線部はこの日晩、報道官の談話を通じて対北朝鮮ビラ散布を非難し、「金与正(キム・ヨジョン)(労働党)第1副部長が5日、対南事業部門で談話文に指摘した内容を実務的に執行するための検討事業に着手するよう指示を出した」とし、このように述べた。続いて「(金第1副部長の談話は)対南事業を総括する第1副部長が警告した談話ということを重く受け止めるべき」と強調した。金与正第1副部長が対南業務を担当し、その最初の処置として南北共同連絡事務所の完全な閉鎖に言及したのだ。

統一戦線部は「こうした事態を直視しながら対決の悪循環の中に行くところまで行くというのが我々の決心」とし「どうせなくすもの、つぶすものなら、早くなくしてしまうのがよいというのが我々の立場」と明らかにした。また「南側で(対北朝鮮ビラ制裁)法案が採択されて実行されるまで、我々が境界地域で南側を悩ませる事態を起こしても話す言葉はないはず」とし「南側が疲弊する事態を準備中であり、これから苦しめようと思う」と警告した。

また統一戦線部は、「散布されたビラの大半が国内の地域で発見され、境界地域の環境汚染、廃棄物回収負担など地域住民の生活環境を悪化させている」という南側統一部の報道官の発言に言及し、「中身のない話をしている」と非難した。ビラ中断のための法律を準備中という統一部の説明にも「上等な弁解」と指摘し、「そのような法案もなく軍事境界沿線地域で互いに一切の敵対行為を中断しようという軍事分野の合意書に適当に署名したということか」と非難した。

統一戦線部は「当初は脅迫として解釈し、後にそこには脅迫よりも南側が先に交流と協力をすべきという隠れたメッセージが込められていると愚かな解釈した」とし「昨年10回、今年3回ビラを飛ばしたが、『今回の散布を特に問題視するのを見ると、対話と交渉を望むようだ』という勝手な夢を見ている」と表現した。

◆金与正氏の非難に青瓦台「ビラは百害無益」…与党議員は関連改正案を発議

これに先立ち金与正第1副部長は前日に談話を出し、脱北民の対北朝鮮ビラ散布に不快感を表し、「南朝鮮当局が応分の措置を取らなければ、金剛山(クムガンサン)観光廃止に続いて、開城(ケソン)工業地区の完全撤去になるか、南北共同連絡事務所の閉鎖になるか、あってもなくても同じような軍事合意の破棄になるか、強く覚悟をしておくべきだろう」と脅迫した。続いて「私は悪いことをする奴よりも見ないふりをしたり煽る奴がもっと憎い」とし「そのようなことを阻止する法でも作るべき」と主張した。

その4時間後、韓国統一部は予定になかった報道官の会見で、「ビラ散布はまさに百害無益の行動だと考える。安保に危害をもたらす行為には今後、政府が断固対応していくと聞いている」とし、対北朝鮮ビラ遮断の法制化を検討する方針を明らかにした。

5日午後には金弘傑(キム・ホンゴル)民主党議員が対北朝鮮ビラを南北間貿易および搬出・搬入物品と規定し、統一部長官の承認を受けてこそ散布できるようにする南北交流協力法改正案を自身の1号法案として代表発議した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP