주요 기사 바로가기

【社説】韓国5・18民主化運動40周年、真実究明と国民和合の転機になるよう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.19 15:12
0
40周年を迎えた5・18民主化運動(光州事件、以下、5・18)記念式典が昨日、光州(クァンジュ)5・18民主広場で開かれた。5・18は1980年新軍部のクーデターに対抗し、身を挺して民主主義を守った光州市民の非暴力平和運動だ。世界の民主主義歴史に記録される大切な遺産だ。新軍部は学生・市民の平和デモを軍隊を投じて無慈悲に鎮圧し、この過程で死亡・負傷・行方不明など7200人余りが犠牲になった。今でも傷が癒えないでいる悲劇的事件だ。公権力によって無実の市民が犠牲になったという点で、韓国現代史の汚点でもある。

5・18犠牲者は一時暴徒という汚名を着せられたりもしたが、1995年5・18民主化運動などに関する特別法が制定されながら「民主化運動」として認められ、この法によって12・12クーデター(粛軍クーデター)の主役が処罰された。1997年には国家記念日に指定され、2001年5・18民主有功者優遇に関する法律が制定されながら有功者優遇を受けることになった。

だがまだ完全な真相究明には至っていない。最初の発砲命令責任者、人権蹂躪(じゅうりん)と密葬疑惑、ヘリコプター小銃射撃の経緯と真相などが依然としてベールに包まれている。幸い、昨年国会で与野党合意で特別法が通過し、今月12日に真相究明調査委員会がその第一歩を踏み出したことがせめてもの収穫といえる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日の式典で「真実が一つずつ世の中に明らかになるにつれ胸中のしこりが一つずつ消えていき、われわれはそれだけ容赦と和解の道に近づくことができる」としながら「今からでも勇気を出して真実を告白するなら、むしろ容赦と和解の道が開かれるだろう」と真相究明の意志を強調した。文大統領の確約どおり、真実の究明はこれ以上先送りすることのできない重大な課題だ。今回こそ一点の疑惑もなく真実を明らかにし、崇高な犠牲の価値を再確認する契機にしなければならない。それが残された者に課された歴史的責務だ。

共に分裂と葛藤を乗り越え、国民統合の転機を用意するためにまい進しなければならない。これまで5・18をめぐる陣営間、与野党間の対決と一部極右勢力の妄言が政争と分裂の火種になってきた。怒った一部の光州市民は野党代表に向かって水を浴びせたりするなど敵対感を露骨に表わしたりもした。しかし昨日の記念式典は違った。妄言も、ヤジも、小競合いもなく平和に進められた。朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表ら野党「未来統合党」指導部の公開謝罪を光州市民が受け入れた。非常に意味ある進展だ。

先立って朱氏は「党の一部から5・18民主化運動を蔑視して侮辱するような、自制のきいていない発言があった」とし「5・18犠牲者と遺族、国民に申し訳ない気持ちを伝える」と公開謝罪した。遅れたが適切だった。昨日の式典には民主党指導部と国会議員当選者177人全員、広域団体長も出席した。5・18がこれ以上葛藤と紛争ではなく、統合と前進の転機となりえる可能性を示した大切な場だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP