주요 기사 바로가기

韓国国防科学研究所研究員、退職時に機密資料68万件持ち出し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.27 09:08
0
韓国国防科学研究所(ADD)の研究員が退職時に68万件にのぼる機密研究資料を持ち出していたことが明るみになり関連当局が捜査している。26日、国家情報院と警察によると、昨年9月にADDを辞めたAは退職に先立ち1年間で68万件の機密研究資料をUSBに保存した後、外部に持ち出した容疑がもたれている。国家情報院は昨年末、このような内容の機密情報を入手した後、警察と共同で内偵調査を始めてきた。Aは現職時にはADDで高位級幹部を務めていた。

政府関係者は「関連当局が最近Aの機密流出容疑を一部確認し、正式に捜査を始めたと承知している」と話した。Aが持ち出した情報は主に人工知能(AI)やドローン、ロボットのような未来先端武器に関連した内容だ。国内はもちろん、海外防衛産業業者が喉から手が出るほどの情報が相当量だったというのが政府関係者の説明だ。この関係者によればAは「金を儲けるために機密研究資料を持ち出したわけではない。研究時の参照用として保管した」と釈明した。

当局は流出した機密研究資料を分析する一方、流布範囲について広範囲な調査を行っている。機密研究資料が海外へ渡った情況はまだ確認されていないという。当局はまた、Aの他にもADD退職研究員が現職時に研究していた機密資料を退職時に外部に持ち出す慣行があるとみて調査を拡大している。また別の政府関係者は「ADDの一部退職者が海外、特に防衛産業に関心が高い中東国家にスカウトされる過程で機密研究資料を渡すという諜報もある」と語った。これについてADD側は「捜査が行われている事案なのでコメントできない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP