주요 기사 바로가기

【コラム】監視権威主義、西欧ポピュリズムの漂流、そして韓国モデル…コロナ戦争と国家の変身(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.14 12:00
0
路地ごとに設置された数百万台の監視カメラ、村ごとに飛ばした顔認識ドローン、市民の携帯電話に装着されたアプリを通じて国は市民個人個人の体温、身体的・感情的状態に関するデータを監視・保存することになった。20世紀の全体主義が暴力とテロの恐怖で市民を支配したとすれば、21世紀の監視権威主義は市民の生体情報・感情・行動をモニタリングして統制する権力が極度に集中化された体制だ。このような監視がどこまで進むかはだれにもわからない。

2番目に、米国と欧州各国が新型コロナウイルスで体験している大混乱は自由主義モデルの大混乱だと表現するほかない。長く小さな政府と市民の自由を叫んだ自由主義国家は最近ポピュリズムによってすでに揺れていた。米国のトランプ大統領や英国のジョンソン首相は分裂と経済の二極化に苦しめられる市民にすべての問題の早く単純な解決、指導者中心の団結という甘い約束を掲げて権力を掌握した。

だが公共医療インフラだけでなく、行政インフラまで緩く不充分な自由主義国はウイルスの大空襲の前で混乱に陥っている。ポピュリスト政治家らが掲げた速く単純な解決法とはこの世に存在しないということを市民は凄絶に確認している。

また、ポピュリストがあおってきた分裂とアイデンティティの政治は新型コロナの恐怖の前で社会的信頼の墜落につながっている。結局買い占めが起き、富裕層の都市脱出、中産層・貧困層の都市孤立で分裂は深化し、共同体は揺れる。もちろん一部先進国は先にワクチン開発に成功し、最終的に経済と外交的影響力を回復するだろうが、コロナ戦争がもたらした内部分裂と自信感の傷、国と市民の間の不信は長く残るだろう。

3番目、揺れる西欧自由主義は韓国を含む東アジアをついに羨望の目で眺めることになった。韓国もまた感染者と死亡者数が決して少ないとはいえないが、西欧自由主義が備えられない非常事態対応能力を十分に見せてきた。路地ごとにある1次病院、数万軒の薬局、あちこちに布陣した保健所(残念ながら韓国の大都市に限定された話だ)、全国民が加入する医療保険に支えられ韓国は感染が疑われる人の速い検査と行動追跡、接触経路把握と情報公開を基盤にコロナウイルスを統制している。

膨大な保健行政インフラよりもさらに重要なのは政府と民間の協業が保健戦争時期に作動しているという点だ。薬局を通じて公共マスクを供給するというアイデアはある薬剤師の提案だった。すると民間アプリ開発者は何日も夜を明かしながら全国の薬局別のマスクの在庫をリアルタイムで把握するアプリを開発した(1週間で44種類のサービスが開発された)。ここにネイバーやKTなどがクラウドやウェブサーバーなどを無償支援に出た。結局公共のデータ開放と民間の努力が結合したシビックハッキングを通じマスク大乱は落ち着いた。韓国型防疫の要諦は結局民間の創造力、政府の行政インフラ、市民の信頼という3つの要素がスマートに協業するところにある。

課題は残っている。圧倒的な情報と行政力を備えた国と創意的な民間の協力が非常時には厳重に、平常時には民間主導で作動する柔軟さを確保する時初めてわれわれはスマート介入国のモデルを世界に語れるだろう。

チャン・フン/中央日報コラムニスト・中央大学教授 【コラム】監視権威主義、西欧ポピュリズムの漂流、そして韓国モデル…コロナ戦争と国家の変身(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP