주요 기사 바로가기

歌手フィソンさん、プロポフォール常習投薬疑惑で警察が捜査中 「7年前には無嫌疑」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.03.26 15:30
0
韓国歌手のフィソンさんが「プロポフォール」の常習投薬容疑で警察の捜査を受けている。

26日、朝鮮日報によると、警察が最近、麻薬業者を検挙して捜査する過程で、フィソンさんもプロポフォールを多量に投薬していたという証言および物証などを確保した。

警察はフィソンさんが投薬したプロポフォールが相当量にのぼるとみて近く拘束令状を申請する方針だ。フィソンさん側は現在のところ特に公式立場を明らかにしていない。

これに先立ち、フィソンさんは2013年軍服務当時にもプロポフォール投薬容疑で検察の調査を受けたことがある。当時、フィソンさんは「椎間板ヘルニアと円形脱毛治療が目的」だったと主張し、2013年7月10日に無嫌疑処分を受けた。だが、タレントのエイミーさんが昨年4月にフィソンさんと一緒にプロポフォールと睡眠導入剤「ゾルピデム」を投薬していたと暴露して論争が起きたことがある。

プロポフォールは睡眠内視鏡検査や簡単な整形手術を受ける患者に投与される向精神性の睡眠麻酔剤だ。少量で注入した場合は軽い睡眠状態になり、一部恍惚感と回復感を感じるため薬物依存性が発生しやすく、過量投した場合、死に至る場合もある。このため、韓国では2011年からプロポフォールを麻薬類である向精神性医薬品に分類している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手フィソンさん、プロポフォール常習投薬疑惑で警察が捜査中 「7年前には無嫌疑」

    2020.03.26 15:30
    뉴스 메뉴 보기
    歌手のフィソンさん
    TOP