주요 기사 바로가기

バッハIOC会長「東京五輪、中止はないが違うシナリオも検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.21 12:43
0
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が19日(現地時間)付のニューヨークタイムズ(NYT)のインタビューで、東京オリンピック(五輪)について「(予定とは)違うシナリオももちろん検討している」と述べた。7月24日に開幕予定の東京五輪の日程を変更する可能性もあるという意味と解釈される。

ただ、バッハ会長は「中止は議題にない」と確認した。バッハ会長の発言は、新型コロナウイルス感染症が全世界に広がり、東京五輪の7月開催は厳しいという主張が選手および一部の国際スポーツ連盟の間で強まっている状況で出てきただけに注目される。

バッハ会長はインタビューで「今回の(新型コロナ)状況が特に難しいのは予測が不可能なため」とし「東京五輪は4カ月後の7月に予定されている」と語った。バッハ会長は「(ほかのスポーツプロリーグは)4月末または5月末に延期したが、我々はより楽観的」とし「我々は7月末が開幕日程という点で異なる」と説明した。続いて「すぐには決定を下さない。もちろん我々は違うシナリオも検討している」と話した。

「東京五輪を中止にするリスクを負う準備はできているのか」という質問に対し、バッハ会長は「推測はしないが、我々はべての選手と五輪競技を見る全世界の半分にのぼる人々に借りを作っている」とし「我々は大会の中止を(IOC意思決定機関の執行委員会)案件として上程しない」と答えた。

これに先立ちIOCは17日(現地時間)、執行委員会(EB)後に声明を出し、「(東京五輪まで)4カ月以上も残っている現段階では(延期などの)果敢な決定は必要ない」とし、予定通り7月の開催を強調した。聖火採火式もギリシャのオリンピアで進行され、聖火は20日に日本に到着した。

安倍晋三首相は19日の参議院総務委員会で、最近行われた主要7カ国(G7)テレビ電話会議で「各国首脳に東京五輪を完全な形で開催することが目標だと明らかにし、同意を得た」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バッハIOC会長「東京五輪、中止はないが違うシナリオも検討」

    2020.03.21 12:43
    뉴스 메뉴 보기
    トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長 [文化体育観光部提供]
    TOP