주요 기사 바로가기

新型肺炎で「韓国離れたい」という不法滞在者、1週間で5306人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.05 19:05
0
先週の不法滞在外国人の自主出国申告が5000件に達することが明らかになった。前月比4~5倍に達する数値だ。

法務部が5日に明らかにしたところによると、韓国の感染症危機警報が「深刻」段階に引き上げられた先月23日から今月1日までに自主出国申告をした不法滞在外国人は5306人となった。

先月3~9日は1077人、10~16日は1031人、17~23日は1117人が自主出国申告するのにとどまった。先週とほぼ同じ時期である1月28日~2月2日にも900人だけが自主出国申告をした。

こうした現象には新型コロナウイルスによる肺炎の拡散にともなう感染への懸念が大きく作用したと分析される。新型肺炎感染者は先月20日を基点に急激に増えており、この日午前0時基準で5766人を記録した。

これに対し法務部は不法滞在外国人が自主出国申告のため出入国管理官庁などを訪問するのを減らすためオンライン事前申告制を施行すると明らかにした。

法務部は「最近新型肺炎の市中感染が現れている状況でできるだけ自主出国者の移動経路を最小化する必要がありオンライン事前申告制を導入することになった」と説明した。

不法滞在外国人は出国3~15日前までにオンラインで申告すれば滞在地の出入国管理官庁を訪問せず、出国当日に空港ですぐ出国できるようになる。

合わせて法務部は不法滞在外国人が身元が明らかになることへの懸念から検診を避けるのを防ぐため、「不法滞在外国人通報義務免除制度」を運営している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP